トラウト、ウォルシュ休養も大谷翔平が快投&チーム初安打 「忙しすぎだろ」「大谷対ロイヤルズ?」

トラウト、ウォルシュ休養も大谷翔平が快投&チーム初安打 「忙しすぎだろ」「大谷対ロイヤルズ?」

  • ABEMA TIMES
  • 更新日:2022/06/23
No image

【MLB】エンゼルス5-0ロイヤルズ(6月22日・日本時間23日/アナハイム)

エンゼルスの大谷翔平投手が「2番・投手」で先発出場。投げては奪三振の山を築く好投を続けるなか、3回にチーム初ヒットとなる内野安打を放った。ファンからは「頼れるの大谷さんしかいない」といった声が上がった。

【映像】大谷が変化球で打者を翻弄

0-0で迎えた3回、2死走者なしで大谷が2打席目を迎えた。大谷はロイヤルズ先発リンチの2-1から外角高めのストレートを振り抜くと、打球は高くバウンドし、大谷シフトで一二塁間にいたショートのもとへ。これをショートのウィットJr.が合わせることができず、内野安打となった。

全力疾走でチーム初安打をもぎ取った大谷に、ABEMAの視聴者からは「さすが大谷さん!」「大谷マジですげえな」といったコメントがあがったほか、前日の活躍にこの日の先発マウンド、そしてこの内野安打に「忙しすぎだろ」「疲れが心配」という声も見られた。

この試合エンゼルスはトラウトとウォルシュという2人の主力を休養させている。前日は1人で8打点を挙げた大谷が、この日は先発投手として無失点に抑えながらチーム初安打と孤軍奮闘する姿に「大谷だけで野球しとる」「野球って一人でやるものなんだな」「マジで大谷が1人で野球やってるぞ」「大谷対ロイヤルズじゃん・・・」といった皮肉めいたコメントも寄せられた。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加