エンゼルス・大谷 WS制覇20周年セレモニーで12分遅延も「ケージでいっぱい投げたけど、いい経験」

エンゼルス・大谷 WS制覇20周年セレモニーで12分遅延も「ケージでいっぱい投げたけど、いい経験」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/06/25

◇ア・リーグ  エンゼルス5―0ロイヤルズ(2022年6月22日 アナハイム)

No image

ワールドシリーズ制覇20周年セレモニー(AP)

大谷翔平ってどんな人?略歴、トリビアも!

エンゼルスの本拠地・エンゼルスタジアムで試合前に球団史上初となった02年のワールドシリーズ制覇から20周年を記念したセレモニーが行われた。

00年から大谷が入団した18年まで指揮したマイク・ソーシア元監督、中心選手だったティム・サーモン氏らが来場し、大型ビジョンで当時の快進撃が紹介された。一方で進行が遅れ、試合開始は12分遅延。エンゼルス・大谷は「言われていた予定よりは押していた。(室内)ケージでいっぱい投げたけど、こういうこともある。いい経験」と振り返った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加