元AKB48矢作萌夏、エイベックスとの契約終了を報告

元AKB48矢作萌夏、エイベックスとの契約終了を報告

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/10/14
No image

元AKB48の矢作萌夏(19)が14日、自身のインスタグラムのストーリーズを更新。エイベックスとの契約を終了したことを報告した。

「この度、1年半所属していたavexと契約を終了させていただくことになりました」と発表。「お世話になった事務所の皆さんには、感謝の気持ちでいっぱいです」と伝えた。

「私にとっては大きな決断でしたが、これからも音楽の道を邁(まい)進して行くつもりですので、どうぞよろしくお願い致します」と記している。

矢作は2018年1月に行われた「第3回AKB48グループドラフト会議」でグループに加入。19年1月にソロコンサートを行い、同8月にはソロ写真集を発売。同9月発売のシングル「サステナブル」で初センターに抜てきされた。昨年2月にグループを卒業した後、エイベックスに所属。最近はインスタグラムやTikTokでライブを行っていた。

※写真は資料

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加