ヘアスプレーって実は髪に良くない?!

ヘアスプレーって実は髪に良くない?!

  • 頭美人
  • 更新日:2021/09/16
No image

ヘアスプレーって実は髪に良くない?!

せっかく気に入ったヘアスタイルを作っても、作った直後だけで後はだんだん崩れてしまったら残念ですね。

そんなヘアスタイルを、一日中キープするために欠かせないのがヘアスプレーです。

他のヘアケア製品と違ってその特徴など知らない人が多いようなのでご紹介します。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

ヘアスプレーの髪への影響とは

ヘアスプレーにはスタイリング効果を上げるために合成界面活性剤が入っています。

この界面活性剤は髪の毛を構成するタンパク質に悪影響を与え、髪がダメージを受けることがあります。

また、ヘアスプレーを大量に使用したり、長い間つけたままで洗わないでいると頭皮の毛穴が詰まってフケやかゆみの原因になります。

頭皮の環境も悪くなり、血の巡り、さらには髪に栄養が行かなくなります。

当然、髪の毛の状態も悪くなり、抜け毛が増えたり、髪の毛が痩せて最悪、薄毛になる危険もあります。

ヘアスプレーの間違った使い方

どんなスプレー缶でも同様ですが、缶を逆さにして使用してはいけません。

ヘアスプレーは、髪の近くで一部分だけに吹きかけると、固まったりべたべたになって上手くいきません。

また、スプレーをつけすぎると白い粉が浮いてきたり、がちがちになったり、てかてかわざとらしく光ったり、自然でさりげないヘアスタイルができません。

ヘアスプレーの効果的な使い方

ヘアスプレーはヘアワックスなどのスタイリングの最後に使うようにしましょう。

ヘアスプレーは、使う前によく振り、髪の毛から20センチ以上離して、全体に均等にかかるようにします。

スプレーの吹き出し口は少し上向きにすると髪全体がふわっと持ち上がります。逆にボリュームを抑えたいときは下向きにスプレーしましょう。

スプレーが乾いて落ち着いたら、手やブラシで触らないようにします。もちろんヘアアイロン、コテなどもスプレーの前に使います。

ヘアスプレーを使った後、無理に髪の毛を梳くとキューティクルがはがれる原因に髪を痛めてしまうことがあります。

ヘアスプレーを使用したら、必ず早めにシャンプーしましょう。

お湯で優しく念入りにすすぎ、ほぐれてきたらシャンプーを丁寧にします。無理やり髪をほぐすのはNGです。頭皮を丁寧に洗いましょう。

ヘアスプレーにはたくさんの種類があります。

前髪、サイドなど頭部のどの部分に使用するか、ストレートかまき髪かなどどんなヘアスタイルか、どんな質感か、天候など様々な条件を考慮して種類を選ばないと、思い通りの効果が出ません。

適切なヘアスプレーを選んで、効果的に使いましょう!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加