ヤクルトが逆転で“今季神宮初勝利”で連敗ストップ 山崎が決勝タイムリー

ヤクルトが逆転で“今季神宮初勝利”で連敗ストップ 山崎が決勝タイムリー

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/04/07
No image

7回、山崎は右前に決勝適時打を放つ(撮影・佐藤厚)

「ヤクルト3-2広島」(7日、神宮球場)

ヤクルトは逆転勝利で連敗を2で止めた。また、本拠地の神宮球場では5試合目で今季初勝利となった。

1点を追う六回に、1死一、三塁から荒木が初球スクイズを敢行。これを成功させ同点においついた。

さらに、七回に1死二塁から、山崎が右前に勝ち越しタイムリーを放ち、これが決勝点になった。

先発の高梨は5回2/3を2失点。六回途中から近藤、七回はマクガフ、八回は清水が投げ、九回は石山が締めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加