「なぜ自分だけがこんな目に...」人と比べてメンタルダウンした時の対処法

「なぜ自分だけがこんな目に...」人と比べてメンタルダウンした時の対処法

  • withonline
  • 更新日:2022/09/22

ニューレディー肉乃小路ニクヨのお悩み相談室【第4回】

via www.youtube.com

こんばんは♡ 肉乃小路ニクヨです♡

with onlineをご覧になっている皆さま、お疲れ様です。ニューレディーの肉乃小路ニクヨです。本日もwith編集部に寄せられたお悩みにふわっと回答していきたいと思います。

【今回のお悩み】

巣鴨 /あゝ人生 / 33歳:
「私の悩みは人と比べてしまう癖があることです。上司や同僚に人気(その上美人)な同期がいるのですが、別会社のハイスペ男子と結婚後、すぐに自然に妊娠して産休に入りました。自分は3年不妊治療しても授かれず。お金もかかるわ、体力も消耗するわ、同期が産休なので仕事増えるわで……。人と比べてはいけないと分かっていても、比べては落ち込む毎日。自分は自分! と割り切って生きるには、どうしたらいいのでしょうか?」

「ゝ」を使う人の特徴は…

「あゝ人生」さんの「あゝ」の「ゝ」の文字を使って来る人は、私の経験上ではちょっと面倒くさい人が多かったです。きっとこだわりがあるんでしょう。まあこだわりがあるからこそ面倒くさい反面、素晴らしい所も沢山ある人が多いのも事実なのですけどネ♡ そんな「あゝ人生」さんは巣鴨にお住まいということで、最近聞いた情報によると、お年寄りの街と思われていた巣鴨に、若い人がけっこう沢山集っているとか。どうも最近「昭和レトロ」というのが若い人の間で流行っているみたいで、巣鴨も古くからの味わいのある街並みが沢山あるので、若者が昭和レトロ目当てに遊びに行くらしいですよ。若い人は巣鴨に行くことを「がもる」と言うらしいです。でも調べてみたら、近くに大学のキャンパスも昔からいくつかあって、もともと巣鴨は若者も利用していたんだけど、お年寄りがコロナ禍で外出を控えている状況が続いている+昭和レトロブームと相まって、若者で賑わっているように見えるのかもしれませんね。

他人と比較すること自体は悪くない

あゝ人生さんのご相談は人と比べてしまうこととあります。人と関わって社会を構成していく人間の特質上、人と比べるということはごく自然なことだと思います。人間は他人と比べることによって、参考にしたり、修正をしたり、調整をしたりしながら生きているのだと思います。あゝ人生さんもそのことによってメリットも享受しているのではないでしょうか?よく「人と比べちゃダメよ」とか「人の目は気にせずに自分らしく」なんてアドバイスがけっこうな割合で飛び交いますが、私はそれを見るたびに上っ面な回答をしているなと思いながら聞いています。だって人と比べてそれを参考にしているおかげで、あまり悩まずに効率的に社会生活を送れているというメリットもあるわけです。そして同調圧力の強い日本では特に本当に人と比べないで、自分を貫くとたいてい風当たりは強まります。あゝ人生さんはそれが嫌だから、人と比べて、参考にして、修正して、調整しながら生きてきたのではありませんか? 私個人的には人と比べること自体は悪いことではないと思っています。ただ相談文を読んで、あゝ人生さんは人と比べることの目的について、考えていないのではないかと思いました。

何のために他人と比較をするの?

まず、人はもともと不平等に生まれています。そんな中で、それぞれが与えられたもの(環境・資源・ルックス・性格)を活かしきる。それが生きること(生活)だと私は思っています。他人と比較をするのは、自分を活かしきるよう、参考にするためです。この目的を忘れて表層的な違いで羨ましがっていたら身がもちません。美人で人気の同期の方も、あゝ人生さんが考えてもいないトラブルにあってきたかもしれません。たとえば美人に生まれていたら、自分が好きでもない人からも好かれる確率が上がります。そのことがもたらすリスクについてあゝ人生さんは考えたことがありますか? また、美人がみんな人気者ではありません。人気のない美人というのも世の中にはいます。同期の美人さんはどういう気遣いや工夫で人の心を掴んだのか、あゝ人生さんはこの点も考えたことがありますか?妊娠については体質や体調差もあり、なんとも言えないところですが、羨ましがることで、自分が妊娠するのでしょうか? 同期の産休で仕事量が増えたという不満は同期に向けるべきものではなく、会社の人員配置の問題です。同期に不満を持っても何も状況は改善されません。仕事量が増えて困るなら、上司、もしくは会社(人事)に窮状を訴えて対策を促しましょう。また、あゝ人生さんも不妊治療をしているということであれば、この先自分も産休を取る可能性があります。そう考えると同期への羨望がいかに的外れであったかを思い知ることになります。

私も浅はかな比較で苦しんだ

と、ここまでド正論であゝ人生さんに指摘をさせていただきましたが、私も30代半ばくらいまでは浅はかな他人との比較で一喜一憂して生きていました。そのたびに落ち込んだりして生きていました。20代の頃の私はメンタルも弱くて引き篭もってしまったことすらあります。でも、そんな一喜一憂を繰り返していくうちに何のために比較をしているのか、考え始めるようになったのです。もし生まれてから一斉に同じ条件でよーいドンと生きていくのであれば、人生はある程度、自分の責任ということになります。しかし人はそれぞれ違っていて、与えられたものも異なります。それについて嘆いても何も始まりません。結局、たどり着くのは今日という日が一番若く、だったら自分が少しでも「まし」になるように生きていきたいということになったのです。そのために他人と比較し始めると、いろいろなことが見えてきました。まず、自分に「合わない・出来ない」ことについての比較は諦めました。比較しても参考にならないからです。そして、参考にできることについての比較をした場合も、より深くその背景なども考えるようになりました。そうすると人それぞれで努力や大変な状況があって、それを乗り越えてやっていることに気付くようになります。お金持ちにはお金持ちの、美人には美人の、天才には天才の悩みや葛藤や重圧があって、みんなリスクを取って戦っています。そこまで見えてくると、自分の置かれた気楽な立場や甘さに気付けるようになりました。

No image

まぁ〜みんなそれぞれ戦っていることは忘れちゃいけないですね。

Return to myself

単純に人を羨ましがらない、ニュートラルなものの見方というのは上記のような体験を積み重ねることによって、少しずつ身についていった気がします。私は今も仕事上、日々他人との比較で数字のチェックもしていますが、そのことでどうしていこうか、何と戦う(向き合う)のかを考えています。私自身がまあまあ年をとったので、一日や一年があっという間に過ぎるようになりました。他人を妬むために使う時間はもったいないです。人と比較すること自体は悪いことではないけど、その目的をしっかり考えて、丁寧に観察をして、一番大切な自分自身をどんどん良くしていくために役立てましょう。そうすると少しずつ嫉妬に苦しむことも少なくなっていきます。

本日のニクヨ的処方箋

① 他人と比較すること自体は悪いことではない② 他人と比較することの目的をしっかり考え、注意深く比較・観察をしよう③ 人生は短く、他人に嫉妬をしている時間はない以上です。

よろしかったらこれからもチェックしてください。YouTubeで高評価ボタンを押してくださったら、嬉しさのあまり「♪サングラス外したら 吹きだしちゃうほど あどけない目をしてる あいつに弱いの♪」とアン・ルイスさんの「あゝ無常」を歌ってしまいます。あゝって使う歌といえば「あゝ無常」。湯川れい子先生の作詞なんだけど、湯川先生も面倒くさそうだけど、素晴らしい人だわ。

皆さまからのいろいろなご相談もお待ちしています。よろしかったらこちらにご相談のメールを送ってください。回答する時にヒントになるので、お住まいの地域とペンネームと年齢の情報なんかがあると嬉しいです。(メールのお返事はできかねます♡)

▼宛先はこちら
nikuyo.onayami.please@gmail.com

では、また会いましょう♡ バイバーイ。

【ニューレディー肉乃小路ニクヨのお悩み相談室】
with公式YouTubeチャンネル
毎週木曜日20:00動画アップ

♡肉乃小路ニクヨ♡

via www.youtube.com

『慶應卒の金融エリート 肉乃小路ニクヨのお金の相談所』 もチェック!

withonline

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加