巨人八百板、坂本適時打、岡本和真サヨナラ犠飛 DeNA戦連敗止める

巨人八百板、坂本適時打、岡本和真サヨナラ犠飛 DeNA戦連敗止める

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/09/16
No image

巨人対DeNA 9回裏巨人1死満塁、サヨナラ犠飛を放ち、チームメートから手荒い祝福を受ける岡本和(中央)(撮影・狩俣裕三)

<巨人7-6DeNA>◇15日◇東京ドーム

DeNAは1回2死満塁から押し出し四球と牧の2点適時打で3点を先制。先発大貫は3回まで1安打無失点と上々の立ち上がり。

巨人は坂本が4回に14号2ラン、6回には15号ソロと2打席連続アーチで反撃。DeNAは6回、牧の18号ソロで加点した。

巨人は2点を追う9回に八百板、坂本の適時打で同点。岡本和の犠飛でサヨナラ勝ちし、DeNA戦の連敗を6で止めた。三嶋5敗目。巨人デラロサ今季初勝利。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加