「ネコ科の動物の『ナスカの地上絵』新たに発見」のニュースに「虚構新聞かと思った」との声が多数

「ネコ科の動物の『ナスカの地上絵』新たに発見」のニュースに「虚構新聞かと思った」との声が多数

  • ガジェット通信
  • 更新日:2020/10/18
No image

10月16日、ペルーの文化省は新たなナスカの地上絵を発見したと発表。17日、ANNニュースが日本でそれを報じた。

【話題のニュース】



「ナスカの地上絵」新たに発見
丘にネコ科の動物 #テレ朝news #ナスカの地上絵 pic.twitter.com/swlxydGfDm
— テレ朝news (@tv_asahi_news)
October 17, 2020
from Twitter

幅37メートルの新たな地上絵、ネコ科の動物を描いたものと思われるが、あまりにも味がありすぎる絵にSNSでは「虚構新聞かと思った」といったような感想が散見されていた。

【幅37m】新たなナスカの地上絵“古代ネコ”発見 ペルー https://t.co/0Uz1FWVrBx



これまでに知られている地上絵より古い時期のもので、急な斜面に描かれていたため自然の浸食でほぼ見えない状態だったという。 pic.twitter.com/NvaVskqG81
— ライブドアニュース (@livedoornews)
October 17, 2020
from Twitter

「ABEMA TIMES」の同記事を配信したライブドアニュースの追加には翌18日昼の時点で「いいね」が7万を超え、返信や引用ツイートも多数。
独特の画風で知られる、はいだしょうこさんや田辺誠一さんの名前も挙がっていたようである。

関連:
新たに発見された「ナスカの地上絵」に対するみなさんの正直な感想
https://twitter.com/i/events/1317648189961379841[リンク]

※画像は『Twitter』より

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

Taka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加