フローレンス・ピュー主演SF映画、Appleが獲得

フローレンス・ピュー主演SF映画、Appleが獲得

  • 映画.com
  • 更新日:2021/02/22
No image

フローレンス・ピュー Photo by Pascal Le Segretain/Getty Images

米若手女優フローレンス・ピュー主演のSF映画「ドリー(原題)」をAppleが獲得したと、米Deadlineが報じている。

近未来を舞台にした「ドリー(原題)」は、オーナーの人間を殺害してしまうロボットの「コンパニオンドール」を主人公にしたSF映画。公平な裁きを受けるため、ロボットが弁護士を要求したことから、大騒動が起きるというストーリー。エリザベス・ベアーの同名短編小説が原作で、バネッサ・テイラー(「シェイプ・オブ・ウォーター」)とドリュー・ピアース(「ワイルド・スピード スーパーコンボ」)が脚本を執筆することになる。

ピアースが自身の製作会社Point of No Return Filmsを通じて企画のプレゼンテーションを行ったところ、4社が名乗りを上げ、争奪戦の末にAppleの映像制作会社Apple Studiosが獲得。Apple TV+向けのオリジナル映画として製作されることになる。まだ脚本は執筆されておらず、監督も決まっていないため、実現まではしばらく時間がかかりそうだ。

英女優のピューは、「へレディタリー 継承」で知られるアリ・アスター監督の「ミッドサマー」でブレイク。「ストーリー・オブ・マイ・ライフ わたしの若草物語」「ブラック・ウィドウ」と、いまハリウッドでもっとも勢いのある若手女優のひとりだ。現在は、オリビア・ワイルド監督作「Don't Worry Darling(原題)」の撮影中だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加