阪神・坂本がフェニックス合流即マルチで存在感

阪神・坂本がフェニックス合流即マルチで存在感

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/11/23

◇みやざきフェニックスリーグ 阪神6―3巨人(2020年11月21日 清武第二)

No image

<フェニックスL 巨・神>終了後、9回を締めた牧(左)と喜びを分かち合う坂本(撮影・坂田 高浩)

阪神の坂本誠志郎捕手(27)が21日、フェニックスリーグに参加している2軍本隊に合流した。

ルーキーの藤田が左手有鉤(ゆうこう)骨の骨折で離脱し、捕手が少なくなっていた。早速「6番・捕手」で出場。2、8回に左前打を放ち、合流即マルチ安打で存在感を発揮。「シーズン後半、試合で良かったこともありますし、継続して試していければいいと思います。もっと良くなると思うので。いろいろ試すことができるので、実戦の中でやっていきます」と意気込んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加