松本潤「もう100でしょう!」と“上方修正” 劇場版「99.9」早くも興収20億円突破

松本潤「もう100でしょう!」と“上方修正” 劇場版「99.9」早くも興収20億円突破

  • 映画.com
  • 更新日:2022/01/15
No image

舞台挨拶に立った松本潤

人気ドラマを映画化した「99.9 刑事専門弁護士 THE MOVIE」の大ヒット御礼舞台挨拶が1月15日、東京・有楽町の丸の内ピカデリーで行われ、主演を務める松本潤をはじめ、香川照之杉咲花西島秀俊道枝駿佑(なにわ男子)、蒔田彩珠が出席した。

12月30日に全国352館で封切られ、すでに興収20億円を突破。ドラマ版から0.1%の無罪の可能性にこだわる型破りな弁護士・深山大翔役を続投した松本は「僕の友人も映画館で見てくれて、『たくさん人が来ていたよ』とか、『あのシーンで笑いが起きていたよ』と教えてくれた」と喜びの報告。ギャグシーンも見せ場になっており「やってる側は、(観客の反応がわからず)どこまで間がもつのかドキドキしています。スベリ芸なので」と本音を明かし、「ここにいるお三方が感動に導いてくれた」と劇場版から参戦の西島、道枝、蒔田に感謝を示した。

No image

「嵐」活動休止後、初めての仕事になった本作は「スタッフ一同が夢を乗せる作品」だといい、「映画の内容みたいに、みんなが気持ちを前向きに、最後まで諦めずにベストを探る。エンタメがたくさんの人に届くことを願い、少しでも楽しんでもらえればと行動している現場だった」と振り返った。昨年11月に行われた完成報告会見で、出来ばえを「99.9」と評したが、映画のヒットを受けてこの日は「もう100でしょう! 100になりました。皆さんのおかげです」と“上方修正”し、ファンにも感謝を伝えていた。

No image

また、共演した所属事務所の後輩・道枝の演技については「台本を読んで、この役は大変だろうなと思っていたが、いい意味で飄々とした持ち前の個性や性格が役に合っていて、リラックスして芝居していた」とコメント。先輩の労いに、道枝は「微力ながら、僕の演技でグッとくるものが伝われば。西畑くん(なにわ男子の西畑大吾)が、(Sexy Zoneの)佐藤勝利くんと見に行ってくれて『本当に最高』と言ってくれた」と声を弾ませた。

No image

松本演じる0.1%の無罪の可能性にこだわる型破りな弁護士・深山大翔をはじめ、深山とチームを組む元検事のベテラン敏腕弁護士・佐田篤弘(香川)、新米弁護士・河野穂乃果(杉咲)ら、個性豊かな弁護士たちがぶつかり合いながら、逆転不可能な刑事事件に挑む。初の劇場版となる本作では、15年前に発生した毒物ワイン事件と、事件に関わる謎の弁護士・南雲(西島)とその娘・エリ(蒔田)を軸に物語が展開する。

舞台挨拶では映画版にも出演するドラマシリーズのキャストである岸部一徳榮倉奈々木村文乃青木崇高奥田瑛二笑福亭鶴瓶からサプライズで届いたビデオメッセージも上映された。

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加