若者にワクチンを 新潟市が接種枠追加

若者にワクチンを 新潟市が接種枠追加

  • BSN新潟放送
  • 更新日:2021/09/15
No image

若者にワクチンを 新潟市が接種枠追加

新潟市は15日、ワクチン接種が遅れている若者への対策として、大規模接種会場の枠などを追加することを明らかにしました。

新潟市では14日現在、ワクチンを2回接種した人の割合が全世代では52%なのに対して、29歳以下の接種の割合はわずか13.5%です。

こうした状況を受け、県と新潟市は若年層向けの大規模接種会場の日程を新たに追加することを明らかにしました。新潟市の朱鷺メッセで、24日と25日の2日間にあわせて3400人分の枠を用意。25日は小児科医が会場に常駐して対応します。

また、新潟市の職域接種会場の枠も28日から4日間、300人分の枠を追加します。2つの会場とも、モデルナ社製ワクチンを使用します。

対象は12歳以上の市民で、新潟市は特に29歳以下の若者のワクチン接種を促進させたいとしています。

<朱鷺メッセ会場>
・9月24日 午後7時~午後9時  600人
・9月25日 午後1時~午後8時 2800人

<新潟市役所本館会場>
9月28、29日、30日、10月1日 各日午後1時~午後5時 4日間で300人

予約は16日午前8時半から、インターネット予約サイトと専用コールセンターで受け付けます。

BSN

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加