サイコム、映像・CGコンテンツ制作に適したプロ向けワークステーション

サイコム、映像・CGコンテンツ制作に適したプロ向けワークステーション

  • マイナビニュース
  • 更新日:2022/08/05
No image

サイコムは8月5日、映像・CG などのデジタルコンテンツ制作に最適なプロフェッショナル向けワークステーション「Lepton」シリーズを発売した。構成を選択して注文できるBTOに対応しており、価格は210,980円から。

サイコム、VALORANTの大会「UTAGE」推奨ゲーミングPCを一般発売

今回ラインナップに加わったのは、ATXミドルタワー型「Lepton Motion Pro Z690」と、コンパクトミニタワー型「Lepton Motion Pro Mini B660」の2モデル。高速レンダリングが可能で映像編集に適しており、現場でも即戦力として活躍できる。
○ミドルタワーモデル「Lepton Motion Pro Z690」

「Lepton Motion Pro Z690」の価格は221,070円~。PCケースにFractal Design Torrent Compact Black Solidを採用し、排気ファン(Fractal Design Dynamic X2 GP-12)を追加。CPUクーラーにはNoctuaの「NH-U12S chromax.black」を装着している。グラフィックスは、NVIDIA GeForce RTX 3060(12GB)のASUS「PH-RTX3060-12G-V2」だ。

標準構成の主な仕様は、CPUがIntel Core i3-12100(3.3GHz)、チップセットがIntel Z690(MSI PRO Z690-A DDR4)、メモリがDDR4-3200 32GB(16GB×2)、ストレージが1TB M.2 NVMe SSD(Crucial P5 Plus CT1000P5PSSD8)。OSはWindows 10 Home 64bit。

インタフェースは、有線LAN、HDMI×1、DisplayPort×3など。電源ユニットは、750W/80PLUS GoldのSilverStone SST-ST75F-GS V3。
○ミニタワーモデル「Lepton Motion Pro Mini B660」

「Lepton Motion Pro Mini B660」の価格は210,980円~。PCケースにFractal Design Torrent Nano Black Solidを採用するコンパクトモデルだ。マザーボードは、ASRock B660M-ITX/ac(Intel B660)。その他の仕様はほぼ共通。

リアクション

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加