「天牌」の嶺岸信明、押川雲太朗とタッグを組んで描く麻雀活命記がゴラクで開幕

「天牌」の嶺岸信明、押川雲太朗とタッグを組んで描く麻雀活命記がゴラクで開幕

  • コミックナタリー
  • 更新日:2022/11/25

押川雲太朗原作による嶺岸信明作画の新連載「オーラス-裏道の柳-」が、本日11月25日発売の週刊漫画ゴラク12月9日号(日本文芸社)でスタートした。

No image

週刊漫画ゴラク12月9日号

すべての画像を見る(全2件)

「オーラス-裏道の柳-」は「天牌」の嶺岸が新たに描く麻雀活命記。バラ打ちのフリー雀荘に、柳怜士という肝の座っている1人の男がいた。住所不定無職の彼は、麻雀のみで衣食住を賄っており……。そんな柳に、ある男が声をかけ物語は動き出す。また今号では、春輝「女子寮猫のタマさん」が最終回を迎えた。

コミックナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加