ブレイブルーパス東京がリーグワン初勝利 一時13人になるもレッドハリケーンズ大阪を下す

ブレイブルーパス東京がリーグワン初勝利 一時13人になるもレッドハリケーンズ大阪を下す

  • ラグビーリパブリック
  • 更新日:2022/01/15
No image

ジャパンラグビーリーグワン2022で黒星発進だったNTTドコモレッドハリケーンズ大阪と東芝ブレイブルーパス東京が1月15日、大阪・ヤンマースタジアム長居でおこなわれた第2節でぶつかり、35-16で東芝ブレイブルーパス東京が勝利を手にした。

ブレイブルーパスは序盤にSOトム・テイラーがペナルティゴール(PG)を決めて先制すると、11分には敵陣深くに入り、ラインアウトからモールでトライを挙げた。

対するレッドハリケーンズはSO川向瑛がPG連続成功で点差を詰め、25分にはブレイクダウンでターンオーバーすると、SH井之上明がディフェンス裏にキックし、バウンドボールをWTBラリー・スルンガが確保してLOルアン・フェルマークにつなぎ、逆転トライが生まれた。

しかし、5点ビハインドとなったブレイブルーパスは29分、攻め込んでインゴールにボールを押さえたSH小川高廣のトライが認められ、SOテイラーのコンバージョンも決まり、再びリードを奪った。

15-13で折り返したブレイブルーパスは後半早々、FLシオネ・ラベマイの力強い走りでゴールに迫り、リサイクル後、CTB中尾隼太からのキックパスをWTB松延泰樹がフリーの状態で捕球し、トライを挙げた。

その後、PGで点差を詰められたブレイブルーパスだったが、53分(後半13分)、ゴール前のスクラムで優勢となり、ボールを動かしてWTBジョネ・ナイカブラがトライを獲得。58分にはラインアウトからモールで押し切り、32-16と点差を広げた。

ブレイブルーパスは61分、危険なタックルをした2選手にカードが出され、CTBジョニー・ファアウリが一発退場、LOワーナー・ディアンズが10分間の退出で一時13人で戦う厳しい状況となったが、失点することなく、逆に71分にPGで加点し、勝利を収めた。

東芝ブレイブルーパス東京はこれで1勝1敗(総勝点5)。NTTドコモレッドハリケーンズ大阪は0勝2敗(総勝点0)となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加