「アニメージュとジブリ展」4月15日に開幕、音声ガイドは島本須美

「アニメージュとジブリ展」4月15日に開幕、音声ガイドは島本須美

  • 映画ナタリー
  • 更新日:2021/04/24

「『アニメージュとジブリ展』一冊の雑誌からジブリは始まった」が、4月15日から5月5日にかけて東京・松屋銀座で開催。「風の谷のナウシカ」で主人公ナウシカに声を当てた島本須美が、音声ガイドナビゲーターを務めることが発表された。

No image

「『アニメージュとジブリ展』一冊の雑誌からジブリは始まった」ビジュアル

すべての画像を見る(全15件)

No image

プロデューサー・鈴木敏夫の編集者としての側面に焦点をあて、スタジオジブリの原点を振り返る本展。島本の音声ガイドでは展示の見どころや当時のアニメにまつわるエピソード、ナウシカや「ルパン三世/カリオストロの城」のクラリスの名ゼリフが収録された。

No image
No image

展覧会では造形師・竹谷隆之が監修・制作した「風の谷のナウシカ」に登場する「風使いの腐海装束」も展示。装束のほか、長銃や蟲笛、瘴気を防ぐマスクが並ぶ。

松屋銀座8階のMGカフェでは「飛行石のブルーレモネード」など本展覧会に登場する作品とコラボしたフードメニュー全6種を販売。さらにジブリ美術館アーカイブコレクションとのコラボ商品では、アニメージュの付録だったトランプやすごろく、ポスターなどの復刻版が販売される。

入場は全日日時指定。ローソンチケットで前売り券、当日券が購入できる。

※緊急事態宣言の発出を受け、4月25日(日)以降の開催は中止となりました

「アニメージュとジブリ展 」一冊の雑誌からジブリは始まった

2021年4月15日(木)~5月5日(水・祝)東京都 松屋銀座8階イベントスクエア
開場時間 10:30~19:30 ※日時指定制
前売り券:一般 1300円 / 高校生 800円 / 中学生 600円 / 小学生 400円
当日券:一般 1500円 / 高校生 1000円 / 中学生 800円 / 小学生 600円

(c)1984 Studio Ghibli – H (c)1986 Studio Ghibli (c)1988 Studio Ghibli (c)NIPPON ANIMATION CO.,LTD.

映画ナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加