名手の連続ミスから失点 クーマン「バルサのようなチームでは許されない」

名手の連続ミスから失点 クーマン「バルサのようなチームでは許されない」

  • SPORT|スポルト
  • 更新日:2020/11/22
No image

ロナルド・クーマン

アトレティコ・マドリー戦後の記者会見では、FCバルセロナのロナウド・クーマン監督が主役だった。オランダ人指揮官は先月のインターナショナルブレイクに続く再開試合で再び黒星を喫した。勝ち点20でアトレティコからは9ポイント差を開けられた。(首位は1試合消化の多いソシエダで勝点20)

「他の監督と同じように、私にも責任がある。結果で改善しなければならないことは分かっているし、選手を信頼しているし、仕事をしているし、守備や攻撃でも改善しなければならないことは分かっている。最高のチームを作ろうとしている。選手たちは良い結果を出すために全力を尽くしてきた。試合に勝たなければならないことはわかっているが、チャンピオンシップについては心配していない」とクーマンはワンダ・メトロポリターノでの敗北を総括した。

ジェラール・ピケとテア・シュテーゲンの連続ミスでヤニック・カラスコのゴールに繋がった。
クーマンは「我々は試合に大きな影響を与えていたし、良いプレーをしていた。私たちのようにミスをしてしまうと、勝つことは難しくなってしまう。バルセロナのようなチームは、今日のようなゴールは許されない」と指摘した。

最後に、クーマンは「選手たちの意思に満足している。批判はできない。チャンスを多く作り、得点を奪う努力をしている。選手たちはいい仕事をしているし、もっといい結果を求めているし、勝たなければいけないという意識はある」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加