高橋海人、出演ドラマで初ナレーション「お芝居に生かされている」

高橋海人、出演ドラマで初ナレーション「お芝居に生かされている」

  • マイナビニュース
  • 更新日:2020/10/16
No image

アイドルグループ・King & Princeの高橋海人が、カンテレ・フジテレビ系ドラマ『姉ちゃんの恋人』(27日スタート、毎週火曜21:00~)のナレーションを担当する。

キンプリ高橋海人、ジャニーさんの「寝顔だけはないね」に苦笑

女手ひとつで弟3人を養う主人公・安達桃子(有村架純)と個性豊かな登場人物たちが繰り広げる、恋と家族愛の物語を描く同ドラマ。高橋は、桃子の弟・和輝役で出演するが、ナレーションではその立場から、時に物語を俯瞰(ふかん)し、時に桃子に優しく語り掛ける。

ドラマの要所要所で登場し、桃子という人物像やドラマのポジティブな世界観をより引き立たせる存在となるほか、姉に対する和輝の思わぬ本音が見え隠れすることもあるという。

今回がナレーション初挑戦となる高橋は、このオファーを聞いて「すごくビックリしました」とのこと。収録では、「普段の安達家でのやり取りとは違う緊張感がありましたが、わかりやすく、丁寧に、というのを心掛けて取り組みました。放送回によっては、普段は明るく優しい和輝が表に出していない心情が描かれている回もあり、和輝は実はこんなことを考えていたんだ…と、このナレーションがお芝居に生かされているところもあります」と説明する。

また、「日々撮影が進んでいますが、回を重ねるごとに、どんどん『安達家のなかで生きている』ことを実感できるようになりましたし、すごく楽しく撮影しています」といい、「この作品には喜怒哀楽がたくさんあって、岡田(惠和)さんの脚本の魅力が詰まっていて、演じる自分自身もほっこりしています。それがうまくみなさんに届くといいなと思います。マイナスな気持ちが吹き飛んでいくようなドラマになっていますので、絶対に見てほしいです!」と呼びかけた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加