早実7回コールド初戦突破 清宮の安打に監督評価

早実7回コールド初戦突破 清宮の安打に監督評価

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/10/18
No image

修徳対早実 試合前、チームメートに声を掛ける早実・清宮(撮影・小早川宗一郎)

<高校野球秋季東京大会:早実9-2修徳>◇18日◇1回戦◇ダイワハウススタジアム八王子

早実が7回コールドで快勝し、初戦を突破した。

清宮福太郎主将(2年)は4打数1安打1打点。主将としてチームを勢いづける安打を放った。3回1死二、三塁、追い込まれてから外角低めボール気味の変化球に食らい付いた。泳がされながらも中前へ適時打。リードを2点に広げた。「ガチガチに緊張していた。本当は振ってはいけないボールだった」と反省を口にした。

一方で、和泉実監督(59)は「(清宮の安打は)大きかったと思いますよ。キャプテンがあそこで打って、チームを勇気づけた」と評価した。

昨秋、複数部員による問題行動で出場を辞退た早実にとって、1年以上ぶりの有観客での公式戦だ。初戦がいきなり春夏通じて8度甲子園出場している修徳が相手。ナインの緊張を感じ取った和泉監督は「おやじギャグを言った。ほぐしてやろうかと。何て言ったかは教えないけどね」と“秘策”で勝利に導いたことを明かした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加