190人の剣士が熱戦 厚木市剣道選手権〈厚木市・愛川町・清川村〉

190人の剣士が熱戦 厚木市剣道選手権〈厚木市・愛川町・清川村〉

  • タウンニュース
  • 更新日:2022/01/15

厚木剣道連盟(小山篤会長)が主催する「令和3年度厚木市剣道選手権大会」が1月10日、荻野運動公園の体育館で開催された。

厚木市、愛川町、清川村に在住の剣道愛好家が小学生から一般まで、8部門に分かれて鍛錬の成果を競う同大会。毎年10月に開催されてきたが、昨年度は新型コロナウイルス感染症の影響で中止、今年度は1月に延期しての開催となった。

大会当日は、190人の剣士が熱戦を繰り広げた。同連盟の小山会長は「2年ぶりに開催できてよかった。参加者も開催を喜んでいたし、熱い試合が多かった」と振り返った。

大会の結果は以下の通り(敬称略)。

【小1・2年の部】

優勝▽山本羽樂(思斉館)、準優勝▽信田慶治(思斉館)

【小3・4年の部】

優勝▽白瀬大和(愛川第二小)、準優勝▽玉木陽(思斉館)

【小5・6年の部】

優勝▽石井良就(思斉館)、準優勝▽渡部輝(愛川中津)

【中学男子】

優勝▽熊坂瑠以(愛川菅原)、準優勝▽佐藤大雅(愛川中津)

【中学女子】

優勝▽小林真緒(愛川第二小)、準優勝▽橋本奈未(愛川菅原)

【高校男子】

優勝▽渡部倫太郎(思斉館)、準優勝▽滝澤一希(思斉館)

【一般女子】

優勝▽渡部日向子(思斉館)、準優勝▽松澤友香(毛利台)

【一般男子3段以下】

優勝▽武田圭弘(清剣会)、準優勝▽赤間丈軌(厚木剣道クラブ)

No image

熱戦が繰り広げられた

タウンニュース厚木・愛川・清川版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加