大阪モデル 赤信号引き下げ目安達成も継続

大阪モデル 赤信号引き下げ目安達成も継続

  • 産経ニュース
  • 更新日:2021/02/23

大阪府は23日、新型コロナウイルスに感染した重症者の病床使用率が45・2%になったと発表した。自粛要請の基準「大阪モデル」で非常事態を示す赤信号を引き下げる目安「7日連続で重症病床使用率60%未満」を達成したが、緊急事態宣言発令中のため赤信号の点灯を継続する。 
 府内の重症病床使用率は17日から23日までの間、52・5~45・2%で推移していた。大阪モデルの運用では、緊急事態宣言が解除され、目安

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加