佐藤アツヒロ 滝沢副社長から“レジェンド”としてオファー 音楽プロデューサー役

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/10/14

ジャニーズの5人組・A.B.C-Zが13日、主演と演出を務める舞台「ジャニーズ伝説」(12月7日開幕、東京・帝国劇場)の製作発表に、特別出演する元光GENJIの俳優・佐藤アツヒロ(48)と出席した。

佐藤は今作に音楽プロデューサー、バリー・デヴォーゾン役で特別出演する。1980年代後半から90年代にかけ爆発的人気を誇った“レジェンド”として滝沢秀明副社長(39)からオファーを受け「この作品を分厚くするために呼ばれている。プレッシャーはあります」と語った。

「僕らの頃のジャニーズは前だけを見て進んでいるという感じだったけど、今、振り返るだけの歴史がつくられた。そういう時代になったのはすごいこと」。

A.B.C-Zについては「小さい頃から見てきたメンバーたち。一生懸命モノを作るというジャニーさんの教えの通り頑張ってる」と評し、5人が香川まで自力旅を決行したことには「僕は光GENJIが解散して、ソロコンサートの北海道公演にブルートレインで行ったらメリーさんに『何考えてるの!』って怒られました」と思い出話を明かした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加