いま4K液晶テレビをコスパで選ぶならコレ!TCLのQLED搭載モデルにプロも大注目

いま4K液晶テレビをコスパで選ぶならコレ!TCLのQLED搭載モデルにプロも大注目

  • PHILE WEB
  • 更新日:2022/08/06

画質から機能性まで、ブラッシュアップされたTCLの4K液晶テレビ群。VGP2022 SUMMERでは、同社のQLEDモデルが評価され、優秀賞の獲得に繋がりました。本稿では、コスパ大賞、そして部門金賞を受賞したモデル群の魅力をプロの視点から語ります。

No image

4K液晶テレビ「C735」シリーズ(写真は「65C735」)

No image

4K液晶テレビ「43C635」

抜群の機能性を持ち合わせ映像の再現力も着実にアップ

動画配信サービスの普及、放送番組の見逃し配信など、テレビ視聴の方法が大きく変化した昨今、目が離せないテレビブランドのひとつがTCLです。2022年に登場したTCLの4Kテレビは、同社が誇る色再現性を高める量子ドットLED技術「QLED」を採用し、さらにGoogle TV機能を搭載することで各段にユーザービリティを高めたモデルに注目です。

No image

直径2〜10nmサイズの半導体微粒子を活用した量子ドットフィルムが、青色LEDバックライトの色の波長を効率よく変換し、従来モデルよりも色純度の高く、色域の広い映像再現を実現するQLED技術を採用

「C735シリーズ」は、さらに新開発の映像エンジン「AlgoエンジンPro」を搭載したこと、加えて120Hzの倍速駆動への対応など、着実に画質をアップさせており、機能性の高さと画質の追求が高く評価され、映像音響部会でコスパ大賞に輝きました。

No image

65型モデル「65C735」。55型モデル「55C735」とともにVGP2022 SUMMERではシリーズでコスパ大賞を受賞した

同じく新開発の「Algoエンジン」を投入した「43C635」は、部門金賞を獲得。また、TCLの2022年モデルは立体音響技術のドルビーアトモスに対応しており、音質面も高めています。このように実力派モデルが多数ラインナップされていることが、TCLならではの強みです。

No image

43型モデル「43C635」。VGP2022 SUMERにおいて「4K液晶テレビ(45型未満)部門」で金賞を獲得している

実際に各モデルを視聴してみると、「65C735」は、AlgoエンジンProの効果が大きく、制御範囲を増やしたマイクロディミングが時々刻々と変化する映像の明暗をリアルに再現します。43C635は、解像感や色再現性、輝度表現なども含め、エントリークラスとは思えない完成度を持ち合わせています。手に取りやすい価格帯で、機能からクオリティまで安心感のある4Kテレビを手に入れたいなら、TCLは間違いありません。

No image

立体音響技術のドルビーアトモスに対応。平面だけでなく高さ方向のサウンドも表現することで、映像コンテンツをより没入感の高い音場表現とともに楽しめる

VGPで高く評価されたTCLのQLEDテレビの実力と魅力にさらに一歩踏み込んでみましょう。映像音響部会のコスパ大賞に輝いた大画面C735シリーズの中心を担う「65C735」は、AlgoエンジンProを搭載、マイクロディミング駆動方式のQLED(4K液晶)テレビです。

TCLのQLEDテレビの実力をさらに深掘り。C735シリーズの描画力をチェック!

操作画面は遊びや演出がなくシンプルに整理されていて、操作しやすく好感が持てます。視聴モードは、ダイナミック/標準/スマートHDR/スポーツ/映画。音質モードは、ダイナミック/標準/映画/音楽/会話/ゲーム/スポーツを用意。テレビ任せで快適に視聴できますが、詳細設定に入ると階層は深く、国産テレビ上級機に遜色なく豊富なパラメーターがユーザーに開放されています。

全項目を一覧表示しないのと、項目にまたがってパラメーターが重複するのでやや分かりにくく慣れが必要ですが、腕の覚えのある人にも使いこなしがいのあるテレビとなっています。

まず、地上デジタル放送の映像から見ましょう。NHK地上デジタル 大相撲中継の画質はたいへん良好です。C735シリーズから液晶パネルが120Hz倍速駆動となり、BFI(黒挿入)で残像感を抑制したことが奏功し、大画面で気になりやすい動画ボヤケが抑えられています。力士のアップが平板な描写にならず、解像感をキープ、肉付きのふくよかさときめ細かさが印象的です。紅潮した肌のみずみずしい表現に量子ドットが生み出す広色域を実感します。

No image

様々な映像ソースを優れた描写性能でリアルに再現、好みに応じて画質を追い込めるポテンシャルの高さも魅力

日常的に視聴機会の多いニュースバラエティは、ライブ映像の生々しい実況感が問われます。液晶方式のテレビでは女性キャスターのアップで解像感が足りず、アニメのような平板な描写になるケースが多いのですが、C735シリーズの映像はデジタル臭が少なく自然で、AlgoエンジンProの精細感復元による画質向上ぶりがうかがえます。BS放送まで各種放送ソースを通じてノイズ感が少なく、目に優しい端正な画質といえます。

ただし、視聴環境や室内照明の明るさにもよりますが、標準のままではやや明るすぎるので、本機の優れた特徴をきわだたせるように、輝度、シャープネスや濃度を積極的に調整してみるといいでしょう。

No image

TCLのハイエンドモデル「C835シリーズ」で採用されている高画質映像エンジン「AlgoエンジンMAX」がVGP2022 SUMMER企画賞を獲得。C735シリーズには「AlgoエンジンPro」、C635シリーズには「Algoエンジン」を搭載し、映像の傾向を高いレベルで統一している

Google TVの本機は、いまや映画視聴の主流の座をうかがうVODサービスに幅広く対応します。Netflixで配信されている(記事執筆時)『DUNE/砂の惑星』は映画モードを選択、動きの補間をオフにして濃度と輝度を調整すると、みるみるハードSFの硬質なトーンが現れ、気が付くと映画の世界に浸っています。

No image

Google TVによって、YouTubeやNETFLIX、Amazon Prime Videoやディズニープラスなど幅広い動画配信サービスを視聴可能。好きな作品も簡単に横断検索できる

大画面とハイコストパフォーマンスを両立しただけでありません。シネフィル、マニアックな映像ファンまで広く魅了する懐の深いテレビといえるでしょう。

“素性にすぐれた4K中型テレビ” 部門金賞獲得の「43C635」をチェック

4K液晶テレビ(45型未満)部門で金賞に輝いたTCLのQLED(4K液晶)「43C635」。LEDマイクロディミング、量子ドット採用でAlgoエンジンを搭載、パネル駆動は60Hz(等速)です。

NHK相撲中継は、標準状態ではやや明るく華美なので、輝度、コントラスト、色濃度、シャープネスを下げるとバランス良好な画質が得られます。力士の紅潮した肌に色むらが出ることがなく、Algoエンジンの3次元カラーマネージメントが正確に動作していることが実感されます。ライブ映像ならではのきめ細かい精細感も十分で、中型画面ながら土俵溜まりの臨場感を満喫できます。

No image

43型サイズでも臨場感を満喫、いつの間にか映像に引き込まれてしまう

VODはどうでしょうか。『DUNE/砂の惑星』は、2Kブルーレイに遜色のない画質。漆黒の宇宙、惑星アラキスの砂漠の広漠とした無彩色に濁りがなく、ドゥニ・ヴィルヌーヴが企図したハードSFのヴィジョンが画面に現れます。

高画質ソフトの代表4Kブルーレイディスクをチェックしてみましょう。『8K空撮夜景SKY WALK』は、輝度、コントラスト、色濃度、輪郭強調等々を追い込むと、立体感と現実感の豊かな画になりました。標準状態で気になった黒浮きも落ち着き、同社一昨年の製品で夜空に現れたタイミングコントローラーのビット落ちによる暗部のノイズバンディングも抑えられています。

マイクロディミングの動作が的確で、細かい灯火が滲んだりぼやけたりせず宝石をまき散らしたように輝き、世界一といわれる東京の夜景にいつのまにか引き込まれています。

また本機43C635はリーズナブルな中型画面ながらドルビービジョンに対応しています。『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の前半のハバナのシーンでは、銃撃の閃光が炸裂しパワフルな映像が楽しめ、通常のHDR10に差を付けます。

43C635をひと言で表せば素性に優れた4K中型テレビ。上位機のC735シリーズと同様にユーザーが視聴環境と好みに合わせて調整するほど良い画が現れます。手付かずのまま標準状態で見ていたらもったいない大きなポテンシャルと画質の伸びしろを秘めたテレビです。

TCL C735シリーズと43C635。VGPコスパ大賞と4K液晶テレビ(45型未満)部門金賞に輝いたふたつのQLEDテレビ。審査委員の目に狂いはなかったといえるでしょう。

【VGP2022 SUMMER 受賞一覧】

■コスパ大賞

4K液晶テレビ(60型以上70型未満)「65C735」

4K液晶テレビ(55型以上60型未満)「55C735」

■金賞

4K液晶テレビ(45型未満)「43C635」

■企画賞

「C835シリーズ」搭載映像エンジン「AlgoエンジンMAX」

(協力:株式会社TCLジャパンエレクトロニクス)

大橋伸太郎

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加