アサヒビール新工場は佐賀県鳥栖市に 博多工場は2025年末操業終了 敷地面積は2倍に拡大 福岡県

アサヒビール新工場は佐賀県鳥栖市に 博多工場は2025年末操業終了 敷地面積は2倍に拡大 福岡県

  • テレビ西日本
  • 更新日:2022/06/23
No image

テレビ西日本

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

アサヒビールは博多工場の移転先として新たに佐賀県鳥栖市に工場を建設すると発表しました。

アサヒビールの新しい工場は、佐賀県鳥栖市幸津町の工業団地に建設され、2026年に操業を開始する予定です。

敷地は博多工場の2倍以上のおよそ27万平方メートルで、ビールの主力商品「スーパードライ」のほか、缶チューハイや「三ツ矢サイダー」なども製造し需要に応えるとしています。

一方、博多工場は、2025年末に操業を終了し、従業員については工場に勤める正社員120人が新工場に配置転換される予定です。

県内での工場移転を求めてきた福岡県の服部知事は「アサヒビールには誠意を持って検討していただいた。県外移転することになり誠に残念」とコメントしています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加