「イケイケの社長さんみたい」久保建英ら東京五輪世代の貴重な“私服ショット”に大注目「メンツ濃すぎ」

「イケイケの社長さんみたい」久保建英ら東京五輪世代の貴重な“私服ショット”に大注目「メンツ濃すぎ」

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2022/06/23
No image

日本を代表する選手たちのオフショットにファンも注目を寄せている。

【写真】久保、堂安、板倉、中山!日本代表4人の貴重私服ショット!

6月に4試合を戦った森保ジャパン。海外組の選手たちは束の間のオフを楽しんでいる。その最中、東京オリンピックを戦ったメンバーでもある堂安律(PSV)、中山雄太(ズヴォレ)、板倉滉(シャルケ)、久保建英(マジョルカ)の4人も一緒に過ごしたようだ。

堂安と久保がそれぞれインスタグラムを更新。少し加工の違いはあれど、4人で肩を組む同じ写真を投稿した。暖簾の前に集合した4人は笑顔でカメラに目線を送っている。

注目を集めたのは、4人の私服。中山は帽子から靴までオールブラックのコーディネートに茶色のカバン。堂安は薄めのレンズが特徴的なサングラスをかけ、モノトーンの組み合わせだ。

そして最年少の久保は、サングラスにグレーのジャケットとパンツを合わせてサムズアップ。板倉はグリーンのTシャツに紺のパンツと他の3人よりは色味で遊んだコーディネートだった。

普段なかなか見ることのないオフショットにファンも興味をそそられたようで、「オシャレ」、「みんなかっこいい」、「楽しそう」、「私服眼福」、「イケイケの社長さんみたい」、「メンツ濃すぎ」、「東京五輪組仲良しだなあ!」と多くの反応が寄せられている。

東京五輪では中心選手として活躍した4人。11月に行われるカタール・ワールドカップでもこのカルテットが躍動する姿を見たいところだ。

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加