家計を黒字にブラックフライデーセール好評!

家計を黒字にブラックフライデーセール好評!

  • HTB北海道ニュース
  • 更新日:2022/11/25

店員「毛ガニ、ホッケ、最後尾はこちらでございます。」黒毛和牛や黒豚はなんと半額。カシミヤの手袋も衝撃プライスに。すっかりお馴染みとなった11月下旬のセール「ブラックフライデー」。

25日、札幌の百貨店は多くの買い物客で賑わっていました。

河野路恵リポート「お菓子の売り場では8000円相当の詰め合わせがなんと5400円になっています。」

さらに7種類のラスクが入った詰め合わせは、通常よりおよそ2割安い1080円に。

値上げが相次ぐ続くなかでの嬉しい「割引セール」。中でも注目なのが・・・

河野路恵リポート「開店して間もないんですがすでにお客さんが行列を作っています。皆さんのお目当てはこちらのお肉屋さんです。」

こちらの精肉店では、ショーケースの中にある黒毛和牛がなんと「半額」に!

客「7000円が3500円に。半額です。めちゃくちゃ安いです。」「朝一で走ったので」

食品だけではありません。ワゴンを囲むたくさんの客。

そのお目当ては…

カシミヤやウールの手袋2200円。

物価高が続く今年、少しでも買い物客を取り込もうとさまざまな業界で「ブラックフライデー」商戦が過熱しています。

大丸札幌店・中尾泰輔さん「お客様の家計が黒字になるようなブラックフライデーのセール品をたくさん集めていますので、ぜひお越しいただければと思います。」

アメリカ発祥の「ブラックフライデー」は年末商戦初日のこと。店の売り上げが黒字になることからこの名前が付いたとも言われています。

アマゾンや楽天市場など、インターネットでのセールも盛んですが、道内でも力を入れる企業が。

こちらは、礼文島など各地のこだわりの海産物が人気の通販サイト「島の人」。

花咲ガニやブリなど道内の業者から仕入れた魚介類をたっぷり詰め込んだお得な福袋を販売しています。

島の人公式オンラインショップ高口直樹店長「ブラックフライデーを機に海鮮福袋の販売をスタートしたのと合わせて、目玉商品としてはボタンエビやブリをご用意しています。」

道内でも最近、漁獲量が増えているブリは1.5キロでなんと2149円の大特価。

ブラックフライデーのセールは今週日曜日までです。

いま、加熱しているのはブラックフライデー商戦だけではありません。

河野路恵リポート「札幌の家電量販店ではブラックフライデーとワールドカップの盛り上がりを受けてテレビの販売に期待が高まっています。」

ワールドカップで日本が勝ち進むと売れ行きも上がると言われるのが「大画面のテレビ」。

売れ筋は65インチで、高画質の液晶テレビや有機ELテレビが人気だそうです。

100満ボルト札幌清田店竹田美人さん「ドイツ戦で日本が勝利したので当店にも少しその勢いが来ればなと思っております」

盛り上がりを見せるブラックフライデー商戦にワールドカップ商戦。物価高で消費冷え込みも予想されるなか、早くも年末商戦が加熱しています。

No image

(c)HTB

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加