寒い日にぴったりの「とろとろ白菜とワカメの春雨スープ」。白菜が甘くてやわらか

寒い日にぴったりの「とろとろ白菜とワカメの春雨スープ」。白菜が甘くてやわらか

  • ESSE-online
  • 更新日:2023/01/25

やわらかく甘い白菜の内側を煮こんでつくる「とろとろ白菜とワカメの春雨スープ」なら、心も体もぽっかぽか。ダイエット中にもぴったりなスープレシピをご紹介します。

食感を楽しむ「とろとろ白菜とワカメの春雨スープ」

とろとろ&つるつるの食感が楽しくて、どんなメインにも合う。

●とろとろ白菜とワカメの春雨スープ

No image

とろとろ白菜とワカメの春雨スープ

【材料(4人分)】

白菜(内側) 400g

ワカメ(乾燥) 3g

塩 小さじ2/3

A[酒大さじ3 ゴマ油大さじ1]

B[水4カップ 顆粒鶏ガラスープの素大さじ1 しょうゆ、みりん各小さじ2 コショウ少し]

春雨 30g

いりゴマ(白)、ラー油(またはゴマ油) 各適量

【つくり方】

(1) 白菜は縦半分に切り、繊維を断つようにして5mm幅の細切りにする。

(2) 鍋の底に塩をふって(1)を入れ、Aを回しかける。フタをして中火にかけ、5分蒸し煮にする。全体を混ぜ、再びフタをしてさらに弱火で5分ほど蒸し煮にし、ヘラの先で白菜をつぶしながらとろとろになるまで火をとおす。

(3) (2)にB、ワカメを加え、煮立ったら春雨を加え、春雨がやわらかくなるまで2分ほど煮る。器に盛ってゴマをふり、ラー油をかける。

[1人分108kcal]

白菜1/2個は1.1kgを目安とし、各レシピでは白菜の〈外側〉を700g、〈内側〉を400g使用しています。分量は正味であり、根元の芯の部分は含まれていません

ESSE編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加