西武金子と源田の「ネコ・ゲン」コンビが連続適時打

西武金子と源田の「ネコ・ゲン」コンビが連続適時打

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2020/10/18
No image

◆西武-オリックス(18日、メットライフドーム)

西武が1番金子の適時打で先制した。

オリックスのドラフト1位、高卒ルーキー宮城から2回2死満塁のチャンスをつくると、金子が低めのチェンジアップを左前にはじき返し、先制の2点適時打をマークした。「チャンスで回してもらったので先制点を取ることができて良かった。(前の)山野辺がデッドボールだったので、山野辺の分も(と思って)行きました」とコメントした。

続く源田も初球を左前に運び、二走の山野辺が生還。「あの流れに乗ることができて良かった。いいところに落ちてくれました」と振り返った。「ネコ・ゲン」コンビで3点を先行した。

西日本スポーツ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加