市原隼人「父も“マッチョ”と呼ばれてた」血管浮き出る熱演に共演者・監督が脱帽

市原隼人「父も“マッチョ”と呼ばれてた」血管浮き出る熱演に共演者・監督が脱帽

  • TOKYO HEADLINE
  • 更新日:2022/05/14
No image

『劇場版 おいしい給食 卒業』公開記念舞台挨拶が14日、都内にて行われ、市原隼人、土村芳、佐藤大志、綾部真弥監督が登壇。共演者と監督が市原の熱演ぶりを明かした。

1980年代のある中学校を舞台に給食マニアの教師・甘利田幸男(市原)と生徒・神野ゴウ(佐藤大志)が“どちらが給食をよりおいしく食べるか”という闘いを繰り広げる人気シリーズの劇場版第2弾。

先日のイベント登壇時に、感極まり涙を浮かべた市原は「久しぶりに観客の皆さんとお会いできて、うれしくて涙がこらえきれなかった」と照れつつ「コロナ禍を経て、その前から思っていたことを改めて考えたんです。僕らが生きている映画やドラマや舞台は衣食住と違って無くても生きていける。だからこそ必要とされるための覚悟を持ちたい。この作品は、生まれたての赤ん坊からお年寄りまでが楽しめるキングオブポップにしたいという思いを掲げて挑みました」と、本作への思い入れを語った。

「精神的な芝居から、何億も保険をかけてアクションをする海外作品まで、いろいろな作品をやってきましたが一番ハードで過酷でした」と全身全霊で演じた甘利田先生役を振り返った市原を、監督と共演者も絶賛。

綾部監督は「いとうまい子さんから給食のプリントをつかみ取ろうとするシーンの(市原の腕の)血管がすごいんです。実は、もっと浮き出るかなと思って市原くんに脇を閉めてもらった。“カット!いや~、いい血管だったね”と言ったら“監督、芝居も見てください”って(笑)」。

市原のコメディー演技に、共演者が噴き出してしまうこともしばしば。監督から「一番NG多かった」と言われた土村芳は「本当にすみません!」と平謝り。すると笑わせた当の市原が「僕が悪いんです」と反省し笑いをさそう一幕も。

No image

市原に今だからこそ聞きたいことはと問われた佐藤は「シーズン1のときにも聞いたんですが、なんでそんなに筋肉があって、なんでそんな動きができるのか、なんでそのポーズで止まれるのか」と市原の身体表現力に感嘆。市原は「2歳から器械体操をしていて体力あるんです。空手やボクシングもやっていて。父もあだ名でマッチョと呼ばれていました」と笑いつつ「やっぱり現場ってハードでものすごく体力が奪われてしまう。そのせいで最高のパフォーマンスができなかったら悔しいので、まず体力つけようと。現場に入るといつも僕はうどんしか食べないんです。油ものとかも一切入れない」と心身ともに律することを心がけていると明かし「結局は自問自答の世界なんですけど。自分で自分を楽しむ、誰かのせいにしないで自分が変われば変わるかも、と考えるようになって、より楽しくなった。その方法の1つとして鍛えてます」。尊敬のまなざしで市原を見つめていた佐藤も「僕も今日から鍛えます!」。

最後に市原は「涙で前が見えなくなったら、この『おいしい給食』という作品と僕らが皆さんが立ち上がるまで見守っています」と熱く語っていた。

『劇場版 おいしい給食 卒業』は公開中。

No image
No image
No image

秋吉布由子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加