ベージュ アラン・デュカス 東京のアフタヌーンティーへ

ベージュ アラン・デュカス 東京のアフタヌーンティーへ

  • フィガロジャポン
  • 更新日:2021/11/26

デコラトリスの多賀谷洋子です。

ベージュ アラン・デュカス 東京 のアフタヌーンティーに伺いました。

改装後、行こうと思っているうちにコロナ渦となり、久しぶりの訪問です。

No image

以前はモノトーンベースのインテリアでしたが

今度は、暖色系でよりフェミニンで明るいな雰囲気に様変わり。

こちら、エントランスに近いラウンジが、アフタヌーンティーのスペースです。

No image

さて、アフタヌーンティーは、銀座らしく、和モダンな要素がほどよく加味されています。

スタンドは、他のデュカス氏レストラングループでもよく使われている、緒方慎一郎氏SIMPLICITYの和食器ブランド「S>>(エス)」

銅フレーム&杉の丸盆で構成されたミニマルデザイン&J.L.coquet は、デュカス氏らしい洗練された組み合わせです。

No image

ペリエジュエのブラン・ド・ブランのシャンパーニュとともに、まずはセイボリーから。

熊本牛と黒トリュフのオープントースト、エビとキャビアのブリニ添えなど、

素材の素晴らしさが際立ち、「これぞ、グランメゾンのアフタヌーンティーだわ!」と、心躍るプロローグです。

No image

さて、お味をランダムにご紹介。

上段ですが、手前の梨&フロマージュブランのメレンゲ仕立て。

中まで赤いリンゴを薄くしてバラの花びらのように重ねたタルト。

そして、感動的に美味なショコラ・アラン・デュカスのチョコレートを贅沢に使用したショコラのロールケーキ。

いづれも、美しいビジュアルとお味の奥深さに、ラグジュアリーフレンチを実感します。

No image

そして、こちらのレストランのアイコンといえば、やはり「カメリア」

カヌレの上には、まるでボタンのようなカメリアを載せてしまうとは、なんて心憎い演出なのでしょう!!

No image

そして、下はそのままカメリアで、プラリネ好きな私の心を鷲づかみ、舌を虜にした逸品で、ジャンドゥージャとヴェルジョワーズを使ったクッキー。

上質なテキスタイルのような光沢感で、細かく繊細なゴールドのラメが散りばめられていて、とてもシック。

ヴェルジョワーズとは、ざっくり言うと精製度が低い砂糖のことですが、粗糖特有の優しい甘さと風味の濃さが味の奥深さにつながっているのでしょうか。

一見素朴なクッキーなのですが、販売しているのなら一ダースでも買って帰りたいほどに美味。このために再訪したいほど、印象深いお味なのです!

No image

帰り際に、シェフパティシエのドゥグラス・オベルソンシェフがご挨拶にいらしてくださり、せっかくなのでお写真を。

アルザス生まれのボルドー育ちで、改装後の2019年からこちらのレストランに。

(その為、ボルドーの伝統菓子であるカヌレがメニューに入っているのですね!)

パリのプラザアテネにもいらしたことがあるそうで、さすが超一流の経験があるからこそのクリエーションなのだと納得。

どの分野に於いても、超一流のベースがあるということは強みになりますものね。

No image

アフタヌーンティーは、ランチとディナーのアイドリングタイムの14時~16時までで、そろそろレストランはディナー支度の時間。

西日の差すbarコーナー、グラスキャビネットの美しいことといったら!

この場所で、アペリティフを頂きながらうっとりと眺めていたいほどです。

No image
No image

コロナ渦で、久しく出かけていなかった、ベージュ アラン・デュカス 東京、

ここにしかないクリエーションと美意識が溢れる空間でした。

No image

ベージュ アラン・デュカス 東京

http://beige-tokyo.com/about/

多賀谷洋子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加