20歳DF内野がデュッセルドルフU-23に加入! クラブディレクター「当初から獲得を希望していた」

20歳DF内野がデュッセルドルフU-23に加入! クラブディレクター「当初から獲得を希望していた」

  • ゲキサカ
  • 更新日:2021/06/10
No image

デュッセルドルフは9日、アレマニア・アーヘン(ドイツ4部)のDF内野貴志(20)がU-23チーム(ドイツ4部)に加入することをクラブ公式サイトで発表した。

内野はジェフユナイテッド千葉の下部組織からFCデューレン(ドイツ5部)のU-19チームを経て、2019年7月にアレマニア・アーヘンのU-19チームに加入。昨年8月からトップチームに所属し、2020-21シーズンはリーグ戦40試合中35試合に出場した。両サイドバックに加えてボランチでもプレーするなど、ユーティリティー性を備える。

クラブのディレクターを務めるフランク・シェーファー氏は「内野貴志は我々が当初から獲得を希望していた選手の1人でした。今回この移籍が実現したことを大変嬉しく思います。昨シーズン、”タカ”は非常に若い選手ながらアレマニア・アーヘンの絶対的な中心選手として活躍し、すでにレギオナルリーガ(ドイツ4部)で多くの経験を積んでいます。彼は非常に積極的でアグレッシブなサッカーを展開でき、その敏捷さで攻撃的サッカーに重要なアクセントを与えてくれます。また、彼は非常にポジティブな性格なので、我々のチームに上手くフィットすることでしょう」と期待を寄せた。

●海外組ガイド

●ブンデスリーガ2020-21特集

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加