アイドルの退職金に? 「推し活」を変革させるメタバースの可能性 〈佐藤義仁(株式会社オーバース代表取締役社長)、澤昭人(株式会社オーバース取締役副社長、公認会計士)〉

アイドルの退職金に? 「推し活」を変革させるメタバースの可能性 〈佐藤義仁(株式会社オーバース代表取締役社長)、澤昭人(株式会社オーバース取締役副社長、公認会計士)〉

  • PHPオンライン 衆知|PHP研究所
  • 更新日:2022/06/23
No image

2022年5月末日、一風変わったプレスリリースがエンタメ業界、そして投資家たちのあいだを駆けめぐった。

「メタバースを活動拠点とする新しいアイドルグループの創造を目的としたIEOの準備開始」

メタバースが世界をどう変えるのかは、昨今もっとも議論されるテーマの1つだが、はたしてメタバースは、コロナ禍に喘ぐアイドル業界にも変革をもたらすというのだろうか?――仕掛け人である2人に、会社設立の背景とそのねらいを訊いた。

メタバースをアイドルの新たな舞台に

株式会社オーバースは2022年3月9日に誕生しました。代表を務めている私(佐藤)は、松井証券在籍時に日本初の本格的なインターネット取引の導入にかかわり、その後、楽天証券、SBI証券、岡三オンライン証券、マネーパートナーズを経て、2021年4月からはHuobi Japan(フォビジャパン)の取締役として暗号資産交換業に携わってきました。

と、いかにもお堅い道を歩んできたわけですが、じつは、私はいわゆる「ドルヲタ」で、メジャー・地下にかかわらずアイドルの追っかけを長年続けていまして、若い時分はライブを観るために台湾にまで行ってしまうほどでした。

先の見えないコロナ禍でエンタメ業界が苦しむ姿を目の当たりにし、心ひそかに心配していました。アイドル業界がいま抱えている課題を私たちなりに整理すると、以下の4つが挙げられます。

(1)コロナ禍でリアルライブは中止に追い込まれ、握手会などの接触イベントもNG、従来のアイドル活動が制約を受けている。
(2)とはいえ業界の仕組みを超えて活動の幅を広げることは躊躇せざるをえない。
(3)人格形成上もっとも重要な時期をアイドル活動に捧げた結果、一般社会との接点がつくりにくく、卒業後の進路が見えない。
(4)少子高齢化が進む日本での活動だけではもはや限界があり、世界をフィールドとすることが必須となりつつある。

私の経歴やスキルが、こうした課題の解決において何かしらお役に立てないだろうか。

同じ想いを共有する澤さん(副社長)と議論を重ね、金融インフラとも大いに縁の深い「メタバース」(仮想空間)と、日本が誇る文化である「アイドル」との融合をミッションに掲げ、みずからメタバースを活動拠点とする新しいアイドルグループを創造するプロジェクトの推進に向けて立ち上げたのが、株式会社オーバースなのです。

メタバースで「推し活」はこう変わる!

エンタメ業界は、コロナ禍によって影響を受けた最大の被害者の1つでしょう。とくにアイドル業界は、ライブはもとより、握手会に象徴されるファンとの直接的なふれあいを大切にしてきました。

運営側の苦悩は言わずもがな、従来の活動が制限されたアイドルたち本人への負のインパクトも相当なものだったと聞きます。

一方で、こうした状況下においても、BTSを筆頭とする韓国のアイドルグループや、あるいは日本でも「Vチューバー」(バーチャルYouTuber)や「2.5次元アイドル」など、最新のデジタル技術を存分に活用して展開を広げる動きは加速しています。

ところが、実在する日本の「3次元アイドル」たちは、もちろんファンとの接点を増やすために新たなITツールを採り入れる努力をしていますが、伝統的なメディアを通じた活動の本質に根本的な変革が起きているわけではありません。

それほど日本のアイドル文化は、根強いファンに支えられた独特な世界を築いてきたともいえるわけですが、コロナによって、その脆弱性も露わになりました。

たとえば、トレーディングカードを最近はやりのNFT(Non-Fungible Token=非代替性トークン)化しようとする動きが見受けられますが、NFTがもつブロックチェーン技術の利点を存分に使っているというよりは、たんに既存のカードをデジタル化するにとどまっている印象を受けるのです。

もともとあるトレーディングカードをたんにデジタル化するだけですから、そこに新たな工夫が凝らされているとは言いがたい。

NFTの本来の強みは、所有権が記録される性質を活かしてシリアルナンバーを付し、「この世で1つしかないグッズ」を生み出せる希少性と、所有権の移転状況から「ファンの声を反映したグッズ」をつくるためのマーケティングに活かせることにあります。

逆に言えば、ファンにとっても、自分たちの声や意見を運営側に届けることが容易になるかもしれません。NFTやメタバースは、ファンの「推し活動」「推し活」のあり方も抜本的にアップデートする可能性を秘めているといえます。

アイドルの本気を応援する「トークン退職金」

No image

IEO実施の全体概念図

今回、IEO(Initial Exchange Offering=暗号資産交換業者が開設する暗号資産交換所での取引開始を前提とした新規暗号資産による資金調達の手段)の実施を決めた背景には、アイドルたちの第2の人生を支援するための仕組みをつくりたいとの想いもあります。

私たちが発行する新規暗号資産(Nippon Idle Token=NIDT)によってみなさまからの支援を受け、新しいアイドルグループの結成から運営、活動拠点の整備を推進することが当初の目的ですが、このトークンが広く流通することになれば、アイドルたちが卒業する際の「退職金」に充てることができるのではないかと考えています。

人気のあるメンバーは、グループを卒業してもそのままソロで活躍することもできるでしょう。しかしご想像のとおり、それは一部にすぎません。多くのアイドルたちは、将来のキャリアパスが見えないまま卒業を迎えることになります。

こうした現状を打破し、アイドルたちが卒業後の不安を抱かずに、めいっぱい活動に打ち込めるシステムを構築できないだろうか。

たとえば、ライブやイベントなどメタバース内での活動で得たファンからの応援を数値化・積算し、その累積数に応じて卒業時の「退職金」を査定する。アイドルたちにとっては、大いにモチベーションとなるはずです。

雇用関係があるわけではありませんので正式な退職金とは言えませんし、税務的な課題をクリアしなければなりませんが、ブロックチェーン技術の記録できる性質を利用すれば、こうした仕組みも充分に構想可能です。

メタバースが舞台を世界へひろげる

日本のアイドルは、世界でも独自性の高い存在であると評価される一方、なかなか世界で通用するのが難しいとも言われます。世界市場を意識して国ぐるみで売り出す韓国のアイドルたちと比較すると、残念ながら現状はその事実を認めなければなりません。

世界で通用するアイドルをめざすうえで、とても単純なことですが決して無視できないのが言語の壁です。英語が上手に使えないことが最初の参入障壁となることは否定できません。

メタバースを新たな活動拠点に加えれば、古くて根深いこの問題もクリアできる可能性があります。たとえばメタバース内に自動翻訳できるAIを搭載する。すでにそれを可能とするだけの技術は存在しています。

最終的には、メタバース内でアイドル本人にそっくりのアバターと多言語で会話できるAIシステムを構築できれば、日本のアイドルたちの世界進出を手助けできるのではないかと構想しています。

ブロックチェーン技術とメタバースを利用すれば、ほかにもさまざまな新機軸を打ち出すことができるでしょう。日本発の世界的なアイドルグループの誕生を、陰ながら手助けしたいですね。

■今後のスケジュール(予定)
2023年初 IEO実施
2023年春 メンバー募集・選考
2023年夏 メンバー最終選考、決定、育成、新アイドルグループ結成
2023年秋 新アイドルグループお披露目
2023年冬 新アイドルグループデビュー、メタバース始動

【佐藤義仁】(株式会社オーバース代表取締役社長)

元松井証券取締役、元SBI証券代表取締役執行役員専務、元フォビジャパン取締役。松井証券在籍時に日本初の本格的なインターネット取引の導入を主導し、フォビジャパンでは暗号資産交換業に携わるなど、金融システムのプロフェッショナル。

【澤昭人】(株式会社オーバース取締役副社長、公認会計士)

公認会計士、日本暗号資産ビジネス協会顧問、立正大学非常勤講師。簿記、会計、経済をテーマにした著書も多い。

佐藤義仁(株式会社オーバース代表取締役社長)、澤昭人(株式会社オーバース取締役副社長、公認会計士)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加