指原莉乃の歌詞を=LOVE&≠MEでドラマ化 キャストはオーディションで選抜

指原莉乃の歌詞を=LOVE&≠MEでドラマ化 キャストはオーディションで選抜

  • マイナビニュース
  • 更新日:2022/08/06
No image

アイドルグループ・=LOVE(イコールラブ)と≠ME(ノットイコールミー)が、プロデューサーの指原莉乃の歌詞をドラマ化する『もしも、この気持ちを恋と呼ぶなら…』(ABCテレビ 9月23日24:24~)に出演することが6日に明らかになった。キャストはオーディションで決定する。

=LOVE・≠ME・≒JOY合同フェス「イコノイジョイ 2022」、dTVで見逃し配信

今作“もしコイ”は指原がそれぞれのグループへドラマ用に書き下ろしたW主題歌の歌詞をベースにした、ちょっぴり切なくて少しフシギな青春学園ラブストーリー。指原の歌詞がドラマ化されるのは初となる。

ドラマキャストは、「喜・怒・哀・楽」を入れた1人芝居、オーディション用台本の2人芝居、グループ即興4人芝居という3つのオーディションを通して、演技力だけではなく今作に求められる表情や心情表現、台本の読解力や対応力、表情などから選抜。制作陣やプロデューサーら4人が審査を担当する。You Tube チャンネル『イコラブ ノイミー ニアジョイ チャンネル』ではドラマ情報やオーディションの模様を配信していく。

監督は『彼女、お借りします』 や『サムライカアサン』、『恋です! ~ヤンキー君と白杖ガール~』などを手掛けた今和紀氏、 脚本は『世にも奇妙な物語』や『テッパチ!』、『ドラえもん』などドラマ、アニメで活躍する諸橋隼人氏が担当する。

■指原莉乃 コメント

今回お話をいただき、私なりに楽曲を書き下ろしました。その楽曲がプロフェッショナルな皆さんによってどうなっていくのか、私もドキドキしています。

選ばれたメンバーがどのような演技をするのか、今からとても楽しみです。私が初めて演技をした「マジすか学園」での自分の棒演技を思い出すと緊張感が増すのですが、選ばれたメンバーだけあってのクオリティの高さを期待しています!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加