「事実と違います」 女児ら2人誘拐事件で初公判

「事実と違います」 女児ら2人誘拐事件で初公判

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/02/22
No image

動画を見る(元記事へ)

女児ら2人の誘拐事件で被告が全面否認です。

栃木県の伊藤仁士被告(36)は2019年に大阪府と茨城県で少女を誘拐したとして、未成年者誘拐などの罪で起訴されています。

初公判で伊藤被告は起訴内容を「事実と違います」と述べ、全面的に否認しました。

検察側は「少女の自殺願望を利用し、誘拐してわいせつ行為をしようとした」などと指摘しました。

これに対し、弁護側は「少女を自殺から守るため自宅に迎え入れ、真摯な交際をしていた」と主張しました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加