阪神・近本 自己最長更新の20試合連続安打!11年マートン、新井以来となる節目到達

阪神・近本 自己最長更新の20試合連続安打!11年マートン、新井以来となる節目到達

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/06/24

◇セ・リーグ 阪神―広島(2022年6月23日 マツダ)

No image

<広・神>初回無死二、三塁、先制の中前適時打を放ち、ベンチを指さす近本(撮影・坂田 高浩)

阪神・近本が11年マートン、新井以来となる連続安打を20に伸ばした。

初回、無死二、三塁で迎えた1打席目。追い込まれながらも広島先発のアンダーソンの4球目の直球を中前へはじき返し貴重な先制点をもたらした。

前夜の試合では一時勝ち越しの起点を作る一打を放つなど、今季7度目の猛打賞を記録。背番号5が好調を維持している。

▼阪神・近本 打ったのはストレート。内野が前にきていたので、強い球を打つことを心がけました。2戦とも先制点を取られていたので、今日は先に点を取ることができてよかったです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加