巨人・堀田が村上を手玉に取る“圧投劇” 高代氏「野球センスを感じる投球」

巨人・堀田が村上を手玉に取る“圧投劇” 高代氏「野球センスを感じる投球」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/08/06
No image

ヤクルト打線を相手に力投する堀田(撮影・佐藤厚)

「ヤクルト5-9巨人」(5日、神宮球場)

巨人・堀田賢慎投手(21)が7回を2安打1失点で、3月31日のヤクルト戦以来となる2勝目を挙げた。絶好調男の村上に対しては3打数ノーヒットで圧勝。デイリースポーツウェブ評論家の高代延博氏は「力の使い方を知っていて、高い野球センスを感じる」と語り、高度な投球術に舌を巻いた。

◇  ◇

巨人打線が阪神戦に続いて活発だったね。七回はつながりも見られたし、一発も含めてこれが巨人の勝ち方だろう。やはりこのチームは打線が機能しないと苦しい。

ポランコは2本塁打を含む4安打。甘い球もあったが、一発で仕留めるあたりはさすが。これが本来の力と言えるのかな。調子のいい投手が出てきた時にもコンスタントに打てれば“本物”だろうけどね。

九回はワンサイドの状況で登板した戸田が大炎上して、少しばかり肝を冷やす展開になったが、逆に先発した堀田の実力を再確認させる結果にもなったのではないか。

堀田は見事な投球だった。七回まで投げて出塁を許したのは二回だけだった。サンタナに本塁打されたあと、満塁のピンチを作ったが、ここを切り抜けると、あとはすべて3人で片付けていった。

特に目を見張ったのはホームランバッター村上との対戦。第1打席は緩急で追い込んだあと、外角の直球で空振り三振。

2打席目は初球のチェンジアップを振らせて一ゴロ。

3打席目は、これも緩急で目先を狂わせた末に、直球で右飛に打ち取った。

球速は140キロ台後半が大半で、剛速球を投げるわけではないが、とにかく制球力が素晴らしい。その制球力に加えて、緩急のつけ方がうまい。フォークボールがいいところから落ちるし、緩いカーブも混ぜていた。

そしてなにより感心したのが力の使い分け。力を入れるところを知っていて、うまく抜いて投げるところも分かっている。

センスがいいんでしょうね。非常に高い野球センスを感じる投球だった。

3番手で投げた戸田は、すべてのボールが全力投球。そこに大きな違いがある。

堀田に足りないのはスタミナだったのだろう。開幕直後に初勝利を挙げてから時間が空いたが、体力さえつけば、投球技術は持っているのだから、計算できる投手に十分なりうる。

阪神戦で8回を投げて勝利投手となった山崎伊と2勝目を挙げた堀田。巨人期待の若手投手が着実に力をつけてきたね。これは本当に明るい材料だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加