【学歴の暴力#3】あなたも“がくぼ沼”へ! 京大卒・えもりえもが語る、高学歴アイドル「5つの楽しみ方」

【学歴の暴力#3】あなたも“がくぼ沼”へ! 京大卒・えもりえもが語る、高学歴アイドル「5つの楽しみ方」

  • fumufumu news
  • 更新日:2022/08/06
No image

1周年記念ライブに際してパシャリ♪(写真左から、なつぴなつ、あずきあず、えもりえも)

東海地方を中心に活動する、東大卒&京大卒&名大卒による超高学歴アイドルグループ「学歴の暴力」(愛称:がくぼ)。東京大学の工学部でシステム創生学を学んだなつぴなつさんと、京都大学の農学部で藻の研究にいそしんだえもりえもさんによって2021年6月に結成され、2022年5月、名古屋大学情報文化学部出身のあずきあずさんが加入しました。3人とも平日はそれぞれ別の仕事をしながら、休みの日はライブやイベントなど、「学歴の暴力」としての活動にささげています。

この記事のすべての写真を見る

『fumufumu news』は2022年2月のインタビュー(記事:「勉強以外、なんの取り柄もない」東大卒&京大卒のアイドル『学歴の暴力』が歌う高学歴の苦悩)で、学歴を全面に押し出したアイドル活動を始めたわけや、高学歴ならではの痛みを伺い、「彼女たちの胸の内をもっと覗(のぞ)いてみたい」という思いで連載コラムの執筆を依頼。毎回テーマを設定し、メンバーそれぞれの“自分らしさ”を生かし、感じたことを文章にしてもらいます。

第1回ではなつぴなつさんとえもりえもさんが、第2回ではあずきあずさんが、それぞれ執筆を担当。

◎第1回:超高学歴アイドルユニット「学歴の暴力」、東大卒と京大卒“はじめての2人旅”がもたらしたもの
◎第2回:【学歴の暴力#2】東大卒&京大卒アイドルユニットにジョインした名大卒女子が見た、メンバーの恐るべき“能力”

続く第3回では、京大卒のえもりえもさんが、「学歴の暴力」の楽しみ方を独自の視点で解説してくれました。

◇    ◇    ◇

学歴の暴力を結成し、なんだかんだ1年以上が経過した。これまでの期間に形成された私たちの魅力を、えもりえもが、自分なりに考えてみた。

【1】やりたい放題やっている過程が見える ~ゼロから作り上げるアイドル~

No image

メンバー自ら作成した自己紹介画像〜なつぴなつ編〜 読めば読むほどツッコミどころ満載!

私たちは一般的なアイドルと違って、プロデューサーやスタッフがおらず、もちろん、事務所にも所属していない。

そのため、オリジナル曲やアーティスト写真の手配、衣装作りから始まり、どんなライブに出るのか、どんなふうにプロモーションをしていくのかまで、自分たちで勝手に考えている。

この、あらゆる作業をすべて自分たちでこなしているところが、何よりの魅力だと思う。

よく「自分たちで全部やるの、大変じゃないの?」と言われるが、私たちにとっては、よくわからないおじさんに従って活動するほうが苦行に感じる……。

セルフプロデュースであることにより、正気な大人がいたら止められるような歌詞をつけたり、あおり満載のプロフィール画像を作ったり、入場無料で主催ライブを決行したり、アイドル界ではタブーとされるSNSの裏アカウント(しかも公開している)を作ったりと、普通ではできないこともやれる。

私たちが自由きままにアイドル活動している様を見て、楽しんでほしい。

【2】幅広いお客さんの話に対応できる ~社会人の傍ら趣味でアイドル活動~

No image

メンバー自ら作成した自己紹介画像〜えもりえも編〜 ひ、秘密の組織とは……!?

学歴の暴力のメンバーは全員、正社員として働きながらアイドルをしている。

社会人のお客さんとは、チェキタイムでお話しするときに仕事あるあるや理系の話もできるので、正直、ライブよりもお話を楽しみにしている方が多いように思う。

お客さんにも高学歴の方が多く、「チェキに並んでいるときに、メンバーとほかのお客さんとの会話が漏れ聞こえてくるのも楽しい」という声も。

アイドルであるにもかかわらず、深いところまで話ができることが魅力のひとつだと思っている。

一方、社会人アイドルであることにより、悲しくも会社、楽屋どちらでも浮いた存在になるという側面もある。

ライブの翌日に出社すると、上司に「ありがとうございます(ハート)」と、うっかりアイドルモードの神対応をしてしまい引かれる。

ほかのアイドルがいる楽屋で、室内が整然としているときに「エントロピー(※)が増大しやすいね!」などと言ってしまい、これまた引かれてしまう。

(※ 簡単にいうと「無秩序な状態の度合い=乱雑さ」を定量的に表す概念で、熱力学、統計力学、情報理論などさまざまな分野で使われる)

われわれは、どこにも居場所のない人間になってしまっている。そういう愚痴も含め、楽しんでほしい。

【3】高学歴ならでは!? アイドル活動でもPDCAサイクル!

No image

メンバー自ら作成した自己紹介画像〜あずきあず編〜 滑舌の絶望ぶりは、いかほどか……

結成当初、学歴の暴力はここまで注目していただける存在ではなかった。さまざまなメディアに取り上げていただけた要因は、ある日「バズるための作戦会議」を開いたことによる。

お客さんを増やすために長期目標と中期目標を立て、そのためには、いつまでに何をしたらいいか、メンバーで共有した。SWOT分析(※)をし、やるべきことを考えた。

(※ スウォット分析。事業の状況などを、強み=Strengths、弱み=Weaknesses、機会=Opportunities、脅威=Threatsの4つの項目で整理して、分析する方法。これによって戦略方針が明確になるとされる)

・高学歴アイドルとして取材をしていただく
・自己紹介画像を作り拡散する
・曲は学歴ネタで押す
・MCに力を入れる

などの案が出て、着実に実行していった。

その結果、今までアイドル現場に来たことのなかった層の方にまで情報が届き、いろんな人がライブに来てくれるようになった。

今も、ひとつひとつのライブを大切にしてPDCAサイクル(※)を回し、多くの人が楽しめる環境になるよう考えている。

(※ Plan=計画、Do=実行、Check=測定・評価、Action=対策・改善の仮説・検証型プロセスを循環させ、マネジメントの品質を高めようという概念)

私たちの活動がスパイラルアップし、アイドル活動が高度化する様子を楽しんでほしい。

【4】自分たちで作る、高学歴女子ならではの挑戦的な歌詞

学歴の暴力の持ち歌は現在5曲あり、歌詞はすべてメンバーが考えている。

1曲目のオリジナル曲「学歴の暴力」は、学歴マウントを取りつつも、結局はキラキラした私文女子に負けてしまうという高学歴女子の苦悩を描いた曲。

「今まで真面目に生きてきたけれど」は、敷かれたレールの上を歩くような人生だけど、土日くらいは自由にさせてくれという曲。

「形なき暴力」は、学歴しかすがるものがない私たちだけれど、それを武器に現代を生き抜いてやるぜという悲しくも力強い曲。

メンバーの思いを投影させたすてきな曲なので、ぜひ歌詞に注目して聴いてほしいと思う。

ちなみに、作曲は外注しているが、麻薬の密売ルート並みに知人の知人を介してデータが送られてくるため、私はいまだに作曲者を知らない。

【5】ライブの見どころ、実はMC!? おなじみのコントもアリ!

私たちはライブまでの日々を、MCのネタを考え続けて過ごしている。ダンスや歌も見てほしいが、毎回、話題が異なり、そのライブでしか聞けないMCをぜひ楽しんでほしい。

そして私たちには、なぜかショートコントの持ちネタがある。こちらも学歴をネタにしている。1度、主催ライブのアンコールで「ショートコント!」コールが起きてしまい、慌てて披露したが何とかなった。

以上、私が考える「学歴の暴力」の魅力を5つ挙げてみた。

学歴を武器に前例のないことに挑戦する私たちの奮闘を見て、楽しんでもらえたらと思う。

(文/「学歴の暴力」えもりえも)

学歴の暴力

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加