阿久井政悟が初防衛 夢の世界挑戦へ「長い目で」

阿久井政悟が初防衛 夢の世界挑戦へ「長い目で」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/10/18
No image

日本フライ級タイトル戦で挑戦者の藤北(左)を打ち合う王者阿久井(撮影・実藤健一)

<プロボクシング:日本フライ級タイトルマッチ10回戦>◇18日◇岡山・浅口市立天草公園体育館

王者ユーリ阿久井政悟(25=倉敷守安)が、同級1位の挑戦者藤北誠也(32=三迫)に判定勝ちし、初防衛に成功した。阿久井は15勝(10KO)2敗1分け。藤北は13勝(4KO)5敗となった。

本来はジャブを突き、距離をとるスタイルを得意とするが「相手のペースに巻き込まれてしまった」と王者。接近戦でのボディーの打ち合いに持ち込まれたが「絶対に下がらない」と攻め続けて、ジャッジ3人の支持を得た。

9月6日に長女の千聖(ちさと)ちゃんが誕生したばかりで「励みになりました」。夢は世界挑戦だが、「コロナもあるし、もう少しキャリアを積まないと。長い目で見ていきたい」。岡山のジムから初の世界王者へ、夢を追い求めていく。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加