宮城県知事選が告示 現新の一騎打ち、衆院選と同日投票

宮城県知事選が告示 現新の一騎打ち、衆院選と同日投票

  • 政治山
  • 更新日:2021/10/14

任期満了に伴う宮城県知事選(宮城県)は14日告示され、新人で医師の長純一氏(55)、5選を目指す現職の村井嘉浩氏(61)の無所属2人が立候補しました。

宮城県知事選挙(2021年10月31日投票)候補者一覧

No image

宮城県知事選に立候補した、長純一氏(左)、村井嘉浩氏(右)

長氏は東京生まれ、信州大学医学部卒。佐久病院、石巻市立病院に勤務し、東北大学臨床教授、一般社団法人石巻じちれん理事などを務めました。

村井氏は防衛大学校卒。陸上自衛隊幹部候補生学校を経て、陸上自衛隊東北方面航空隊などに勤務。財団法人松下政経塾卒塾後、宮城県議を3期務めました。2005年宮城県知事選に初当選、現在4期目です。

前回(2017年)の同知事選は、現職の村井嘉浩氏(57)、新人で元団体役員の多々良哲氏(59)の無所属2人が立候補。村井氏が82万5460票を獲得して、4選を果たしました(党派と年齢は選挙時)。投票率は53.29%でした。

投票は衆院選と同じ31日で、即日開票されます。期日前投票は15日(金)から30日(土)まで(期日前投票所により期間が異なる)。13日現在の選挙人名簿登録者数は192万8886人です(宮城県選挙管理委員会調べ)。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加