楽天 痛恨の逆転負け 涌井被弾に石井監督「ただ単に投げミス」

楽天 痛恨の逆転負け 涌井被弾に石井監督「ただ単に投げミス」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/06/12
No image

6回、マルテ(右奥)に逆転2ランを許しボールを見つめて悔しがる涌井(撮影・田中太一)

「楽天2-3阪神」(11日、楽天生命パーク宮城)

楽天が逆転負け。先制しながら先発・涌井が六回にマルテに逆転の2ランを被弾した。打線も序盤以降は阪神先発・青柳の前に沈黙した。

石井監督は「全体的に悪くなかった」としながらも「ずっと先頭打者出されてしまうと結構チーム的には苦しい」と涌井の7回3失点(自責2)の涌井の投球に注文を付けた。

六回に涌井がマルテに初球の高めに浮いたスライダーを捉えられ逆転弾とされたところについて、指揮官は「ただ単に投げミス。投げミスがあってはいけない場面だったと思います。絶対に低く、ボール(球)から入ってもいい場面なので、あの場面ももしかしたら四球でもいいぐらいの感覚で。投げ切ってくれるボールではなかったのかなと思います」と振り返った。

相手先発・青柳について、試合前には「術中にハマらないように」と語っていたが、8回2失点(自責1)と好投を許し「持ち味を発揮してたとは思います」と語った。

これで楽天は交流戦4位に後退した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加