大分が川崎FのV決定阻止! 来季続投の片野坂監督「大金星だし、サプライズ」

  • ゲキサカ
  • 更新日:2020/11/21
No image

[11.21 J1第28節 大分1-0川崎F 昭和電ド]

大分トリニータは前半36分にMF野村直輝が沈めたPK弾を守り、1-0で首位川崎Fを打ち破った。8月8日の前回対戦はシュート1本で0-2の完敗を喫したが、ホーム昭和電工ドーム大分での優勝決定を阻止する金星。09年のJ1復帰後は川崎Fを相手に初勝利となった。

立ち上がりから激しくプレッシャーをかけ、ボールを保持して主導権を握った大分。試合が動いたのは前半34分。中盤でボールを奪取し、センターサークル脇からMF町田也真人が浮き球を供給すると、野村がペナルティエリア内に侵入。すると、野村はDF谷口彰悟に倒され、谷口にはレッドカードが提示された。自らキッカーを務めた野村はPKをきっちりと沈め、これが決勝点となった。

「目の前で優勝のシャーレを掲げられたくなかった」と振り返ったのは野村。古巣戦となったGK高木駿は「目の前で優勝されたくはなかったので、勝てて良かった。ちょっとだけ複雑な気持ちになりますが…」と述べ、今季限りで現役を引退するMF中村憲剛に感謝を伝えたことを明かした。

来季続投が決定した片野坂知宏監督は「大金星だし、サプライズを起こせて良かった」と謙虚に振り返ると、「アグレッシブに戦う姿勢を失わないようにと選手たちを送り出して、選手も切らさずによく戦ったと思う。攻守において準備してきたことにチャレンジしてくれた」とチームを称えた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2020シーズンJリーグ特集ページ

●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

●[J1]第28節1日目 スコア速報

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加