水道管破裂が今年は急増!凍結させないためのハウツー

水道管破裂が今年は急増!凍結させないためのハウツー

  • SASARU
  • 更新日:2021/01/13
No image

連日の寒さで北海道内では年明け以降、水道管の凍結や破裂が相次いでいて、札幌市水道局への問い合わせは過去最多となっています。そこで、今回は凍結を防ぐ正しい「水抜き」の方法を紹介します。

No image

このところ、日中も氷点下の真冬日が続いています。水道管は氷点下4度から凍結する恐れが出てくるため注意が必要です。

そこで、大切なのが「水抜き」です。水抜き栓の場所や形状は家によって異なるので確認が必要ですが、基本的な構造や水抜きの手順は同じです。

No image

札幌市水道局 関 拓矢さんに水抜きの手順を聞きました。

1.まずは水抜き栓、出るになっていますが"止まる"の方にレバーを下げます。
2.次は管の中に水があるので蛇口を開けます。蛇口から空気が入っていって、管の中の水が抜けていきます。

No image

このままでは水はまだ残っている状態。最後にやらなければいけないのが…

3.空気入れ用の蛇口を開けると、上からも空気が入るので管の中の水が抜けきります。

水道管の破裂による水漏れ被害で、今の住宅に住めなくなることもあります。水漏れ被害は、火災保険だけでは補償されないケースがあって「水濡れ補償」の付帯が必要な場合があります。事前に保険会社に確認をしておくことも大切ですね。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加