注目の京都国際エース、実戦不足響き一回3失点 最後まで涙は見せず

注目の京都国際エース、実戦不足響き一回3失点 最後まで涙は見せず

  • 朝日新聞デジタル
  • 更新日:2022/08/06
No image

"京都国際―一関学院 一回裏一関学院、後藤②に同点打を打たれた京都国際の森下=金居達朗撮影"

(6日、第104回全国高校野球選手権大会1回戦 京都国際5-6一関学院)

誰もいない練習場…京都国際の監督の涙 近江がスイッチ押してくれた

大会注目の好左腕、京都国際の森下瑠大の短い夏が終わった。「最後の夏、甲子園に戻ってこられて楽しかった。でも、やっぱり悔しい」

味方が1点を先取した直後の一回、先頭打者を140キロの真っすぐで空振り三振に仕留めた。絶好の立ち上がりに見えたが、ここから3連打を含む4長短打を許して3失点。直球で押し込もうとしたが、甘く入ったところを捉えられた。

5月に左ひじを痛め、京都大会は2試合に登板しただけ。実戦不足で「70%くらいの状態」だったという。

サヨナラ負けの瞬間は、マウンドではなく四回から回った右翼にいた。ベンチに戻ると、悔しさを押し殺し、泣き崩れる後輩を笑顔で励まして回った。

初出場で4強入りした1年前、エースとして好投を続け脚光を浴びた。森下は「(コロナ禍による)選抜の出場辞退やけがとか、つらい時期も長かった。でも、プロに入るために来た京都国際での3年間は大きかった」。最後まで、涙は見せなかった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加