行政区再編 3つの区に再編する最終案決定 静岡・浜松市

行政区再編 3つの区に再編する最終案決定 静岡・浜松市

  • 静岡第一テレビ
  • 更新日:2022/05/13
No image

静岡・浜松市の行政区再編について、市議会の特別委員会は、3つの区に再編する最終案を決定した。最終案は、現在7つある区のうち天竜区を単独区に、浜北区と北区の大部分を一つの区に。さらに中区、東区、西区、南区に、北区の一部を加え一つの区にする。

静岡・浜松市の行政区再編について、市議会の特別委員会は、3つの区に再編する最終案を決定した。条例が可決されれば、2024年1月1日に3区制に移行することになる。

(浜松市議会特別委員会 高林 修 委員長)

「当局の区割り案については了承をいたします。」

浜松市の行政区再編をめぐっては、税収の減少や福祉費用の増加への対策として、10年余りにわたり議論が続いてきた。2021年12月に区割り案を内定してから市民からの意見募集などを行い、13日 最終案が決定した。

最終案は、現在7つある区のうち天竜区を単独区とし、浜北区と、北区の大部分を一つの区に。さらに、中区、東区、西区、南区に、北区の一部を加えて一つの区にする。

区役所は、現在の中区、浜北区、天竜区の庁舎を活用する。その他の区役所は行政センターとして活用し、これまでと同等の市民サービスを提供するという。

松市は、7月に新たな区の名前を募集する予定。2023年2月の市議会で、新しい区割りに関する条例案が可決されれば、2024年1月1日から3区制に移行することになる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加