NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
MVP巨人湯浅大を抜てきの二岡3軍監督「1軍でどんどん活躍してほしい」

MVP巨人湯浅大を抜てきの二岡3軍監督「1軍でどんどん活躍してほしい」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/07/21
No image

「リアルジャイアンツカップ」 2回中二岡軍2死一、二塁、湯浅は2点適時二塁打を放つ(撮影・足立雅史)

<リアルジャイアンツカップ:元木軍-二岡軍-阿部軍>◇21日◇東京ドーム

巨人湯浅大内野手(21)が3安打猛打賞2打点の活躍でMVPに輝いた。二岡軍の「1番遊撃」で先発。1回先頭で中前打を放つと、2回2死一、二塁では左翼線へ2点適時二塁打。6回にも中前打を放ち、この日全選手で唯一の猛打賞を達成し、チームの優勝に貢献した。「結果にこだわってアピールしようという気持ちはあった。練習では自分なりにきつく打って、思いっきり引っ張るとかではなくて、センターから右方向に打つのを意識している。そういうところがつながったのかなと思います」と振り返った。

指揮官を務めた二岡3軍監督は、この試合のチームを編成するために行われた「Gドラフト会議」では3位に指名。普段1軍でリードオフマンとして活躍する松原を2番に据え、湯浅を1番に抜てきした。期待に応える活躍を喜びつつ「彼は1軍でどんどん活躍してほしい選手だと思います」とさらなる活躍に期待を込めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加