【VERYモデル4人が選んだ“万能な一着”って?】オシャレの時短テクニックを拝見!

【VERYモデル4人が選んだ“万能な一着”って?】オシャレの時短テクニックを拝見!

  • VERY[ヴェリィ]
  • 更新日:2022/06/24
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image

テイストもライフスタイルも多種多様なVERYモデル。多くの服に袖を通す彼女たちが実際にプライベートでも愛用し太鼓判を押す服なら間違いなくオールマイティ。そこで、VERYモデル4人の毎日着たいくらい大活躍しているアイテムを拝見!ALL私服の着回しコーデとともに、ご紹介します。

こちらの記事も読まれています

▶︎ディオール「DIORIVIERA」の新作やオンライン・POP UP限定アイテムが今年の夏も登場

神山まりあさん「今年のTシャツは“クセ強め”が気分!」

望月芹名さん「ほどよい甘さの“黒チュールスカート”が大活躍」

阪井まどかさん「体がきれいに見えるカットソーが万能」

ジェイミーさん「コーデの引き締めに“黒ジレ”が使える!」

神山まりあさん「今年のTシャツは“クセ強め”が気分!」

The AtticoのショルダーパッドTシャツ

No image

神山まりあさん
猛暑が続くと、快適でいたいから出番が多くなるTシャツやタンクトップ。安価で優秀なものもいっぱいあるけれど、今年はこのクセ強めな肩パッドが入ったような1枚が活躍の予感。一人でショッピングも、週末の家族でのお出かけも、Tシャツを着ただけなのにちょっとモードになります。

定番Tシャツも〝ひとクセ〟ありなら 着ていくシーンがぐんと広がる

No image

BRAND
TOPS:The Attico
PANTS:CELINE
SANDALS:BOTTEGA VENETA
BAG:CELINE
NECKLACE:Cartier
EARRINGS:Tom Wood

The Atticoは、2016年設立のイタリアブランド。シンプルなアイテムにどことなくヴィンテージ感のあるデザインが得意。

Other Style

No image

BRAND
TOPS:The Attico
SKIRT:PRADA
CAP:NEW ERA
BAG:BOTTEGA VENETA
SNEAKERS:New Balance
EARRINGS:Tom Wood

流行のミニスカも、肩パッドのボリュームと台形でバランス良し。キャップとスニーカーのスポーティコーデもちょいモード。

望月芹名さん「ほどよい甘さの“黒チュールスカート”が大活躍」

TSURU by Mariko Oikawaの 黒ドットチュールスカート

No image

望月芹名さん
ハンサム系の印象を持たれがちなんですが、実は甘コーデが大好き。エレガントコーデに合うのはもちろん、子どもとランチに出かける日だって、フーディにこのスカートを合わせれば甘カジュアルが簡単に作れます。きれい色のスカートも好きですが、やっぱり黒がオールマイティ!

実は、甘いオシャレが大好き! 黒チュールならデイリーも浮かない

No image

BRAND
SKIRT:TSURU by Mariko Oikawa
HOODIE:GAP
BAG:senreve
SNEAKERS:CELINE
EARRINGS:CELINE
RING:vintage

カジュアルコーデのときは、オーバーサイズのフーディを合わせて、チュールスカートの露出分量を少なめに調整。

Other Style

No image

BRAND
SKIRT:TSURU by Mariko Oikawa
BLOUSE:See by Chloé
BAG:MATO by MARLMARL
SHOES:TSURU by Mariko Oikawa
EARRINGS:SWAROVSKI
RING:blanc iris

夫とランチデートなら甘ブラウスに合わせて。甘×甘でもモノトーンならガーリーになりすぎず、上品。小物もシックにまとめます。

阪井まどかさん「体がきれいに見えるカットソーが万能」

BASErangeのベロアトップス

No image

阪井まどかさん
早朝集合も多くバタバタな出発前、無意識に手に取ることが多いのがベースレンジの服。着心地がよく体をきれいに見せてくれて楽ちんなのにちゃんと気を使って見えるベロア素材も絶妙。構わず洗濯機で洗えるので友だちにも自信を持っておすすめしています。

体がきれいに見えてイージーケア! ついつい着ちゃうベースレンジ

No image

BRAND
TOPS:BASErange
PANTS:agnès b.
SANDALS:Dries Van Noten
BAG:Saint Laurent

絶妙なたまご色が、実は派手色ボトムスと好相性。程よいピタッと感で、今年気分のゆるパンツともバランスがとりやすいです。

Other Style

No image

BRAND
TOPS:BASErange
DENIM:INSCRIRE
BAG:SOULEIADO
SNEAKERS:Converse
NECKLACE:ADER.bijoux

仕事→買物の日は楽ちんなデニム×コンバースが定番。クセのあるデニムも今どきに見せてくれる懐の深さが手に取る理由。

ジェイミーさん「コーデの引き締めに“黒ジレ”が使える!」

MAISON SPECIALのジレ

No image

ジェイミーさん
ハンサムな服が好きなので子連れの日も着心地がいいだけのカジュアルで終わるのは物足りない気持ちに。そんなときに活躍するのがジレ。コーデを締めつつジャケットやトレンチにはない動きやすさがありがたい! マンネリしやすいお出かけコーデにきかせたりシーンを問わずフル活用しています。

カジュアル服もお出かけ服も、 ぴりっと引き締まる頼れる一枚

No image

BRAND
GILET:MAISON SPECIAL
TOPS:UNITED ARROWS
DENIM:Ungrid
BAG:MAISON SPECIAL
SNEAKERS:Converse

地元のモールで浮かないハンサムさがちょうどいい。ボーダー×デニムで終わらないひと手間が生活感を払拭&自分的な充実感も上げてくれる気がします。

Other Style

No image

BRAND
GILET:MAISON SPECIAL
TOPS:AP STUDIO
LEATHER SKIRT:ZARA
BAG:ZARA

広尾や表参道でママ友と早めのディナーの日はモノトーンが定番。ワンショルダーでひとクセ出しつつ、ジレで露出をセーブ。

あわせて読みたい

▶︎『無地Tシャツ』でここまでキレイ見え!最新デザインとおすすめコーデ10

▶︎【SEAのRIEさん】“万能スカート”は仕事から水遊びまで頼れる2WAYが魅力!

▶︎【ジレ×スニーカー】普段着で簡単!真面目すぎないキレイめコーデ3選

撮影/イ・ガンヒョン、木村 敦、久保嘉範(すべて人物)、魚地武大〈TENT〉(静物) ヘア・メーク/TOMIE、加藤史帆〈PEACE MONKEY〉 スタイリング/石関靖子 取材・文/田中幸恵、増田奈津子、嶺村真由子 撮影協力/菅原萌衣 編集/太田彩子
*VERY2022年6月号「【大特集】あらゆるシーンをノンストップで横断できちゃう心強い味方 ONもOFFもこれで乗り切る 私たちにはオールマイティ服がある! Part1 チームVERYのオールマイティ服SNAP」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加