日本語の「お世話になっております。」...英文メールでは?

日本語の「お世話になっております。」...英文メールでは?

  • 幻冬舎ゴールドオンライン
  • 更新日:2021/10/14
No image

洗練されたビジネス英語メールについて、ビジネス英語研修会社Q-Leap代表取締役社長・浅場眞紀子氏が解説。 ※本記事は、書籍『英文Eメールハンドブック』(アルク)より一部を抜粋、再編集したものです。

【関連記事】「英文の段落分けには鉄則がある」ビジネス英語研修のプロが解説

Eメールは「書き言葉」と「話し言葉」の中間

英文Eメールの本文に関しては「自分で作れる範囲の簡潔で正確な英文を組み立てて行こう」というアプローチをとりたいところですが、「書き出し」と「結辞」については定型句を覚え時短を図ることを推奨します。

**********

【書き出しの省エネ・時短術】

◆定型句を覚えて積極的に使う

◆時候の挨拶など日本語のメールのような丁寧な書き出しは不要

◆率直に用件から書き始めてOK

**********

日本語のメールでは書き出しに非常に気を遣います。例えば、かなり頻繁にメールのやり取りをしている相手にも、以下のようなメールの書き出しはごく一般的です。

平素大変お世話になっております。

XXX株式会社のAでございます。

寒さ厳しい毎日ですがいかがお過ごしでしょうか。

ましてや初めてメールを出す相手に自分を紹介するとなればなおさらです。取引先の人には礼儀正しく接し、書き言葉においては一定以上のフォーマリティーを求める日本の文化では当然のことでしょう。

ですが、上のような挨拶を英語に直そうとすると、それだけで30分などあっという間です。日本語の「お世話になっております」に対応する英語表現は存在しないので、どうしても違う言い回しを使わざるを得ません。

日本語発想の定型句を英文に直すのは、直接英語で考えるよりもかなり難易度の高い作業なのです。

英語においてEメールは「書き言葉」と「話し言葉」の中間に位置付けられる言語です。そのため、フォーマルな文書ではNGとされることでも、Eメールでは簡潔化のために許容されていることもあります。

例えば、

●短縮形の使用(例:I’m、You’re、isn’t、doesn’t、won’t、shouldn’t など)

●1文を1パラグラフとして扱うこと

●メール特有の結辞の使用、または結辞の省略

などです。

英文メールの書き出し「OK例」と「NG例」

一般的な英文メールの書き出し

英文Eメールでは日本語でのメールのやり取りに比べるとかなり直接的な内容からスタートするのが一般的です。以下の例を参考になさってください。

▶Thank you for your email. (メールをありがとうございました)

▶Many thanks for your prompt response.(早速のお返事をありがとうございました)

▶I’m writing to inform you about[/that] ~(あなたに~をお知らせする目的でこのメールを書いています)

▶This is to inform you ~(これはあなたに~をお伝えするものです)

▶I’m writing with reference to my[/your] email dated ~(○月×日付の私の[/あなたの]メールに関する内容についてメールをお出ししています)

▶Apologies[/ My apologies] for (the) delay in replying.(返答が遅れ、申し訳ありません)

▶I’m sorry to trouble you, but ~(ご迷惑をおかけしますが~)

▶Please find attached[/ Attached please find] ~(添付の~をご覧ください)

▶Can[/Could] you please[/possibly] ~ ?(~してくださいますか)

▶As per our telephone conversation[/ email exchange / meeting] ~(電話[/Eメール/打ち合わせ]でお話しした通り~)

▶Concerning ~(~についてですが)

▶I hope this email finds you well.(※ しばらく連絡を取っていなかった相手への呼び掛け。日本語の「お元気でいらっしゃることと思います」のニュアンス)

英文メールでは望ましくない書き出し

次のようなものは日本語的な発想であまりスマートとは言えません。

◆頻繁にやり取りをしている相手に対して毎回社名と名前を名乗る

This is Tanaka from ABC Corporation. Thank you for your business,always.(ABC 社のタナカです。いつもお仕事させていただきありがとうございます。)

社名や名前は送信者の欄に情報があり、さらに結辞の後にも署名が入っていることがほとんどなので、一般的には必要ありません。

◆時候の挨拶

It’s been raining for a week in Japan. How are you ?(日本ではここ一週間雨が降り続いています。お元気ですか?)

何かとてもタイムリーだったり、ニュースなどで話題になっているような場合であれば天候などに触れることもあると思いますが、毎回特に意味もなく時候の挨拶を入れることは避けましょう。

浅場 眞紀子

ビジネス英語研修会社Q-Leap 代表取締役社長

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加