オリックス吉田正尚「足」でも貢献 ラオウ杉本&T岡田の安打で2度生還

オリックス吉田正尚「足」でも貢献 ラオウ杉本&T岡田の安打で2度生還

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/11/25
No image

ヤクルト対オリックス 4回表オリックス2死二塁、杉本の中前打で一気に生還する吉田正(後方)。捕手中村(撮影・河田真司)

<SMBC日本シリーズ2021:ヤクルト5-6オリックス>◇第5戦◇25日◇東京ドーム

オリックス吉田正尚外野手が「足」でも貢献した。

4回2死から二塁打で出塁。杉本の中前打で間一髪の同点ホームイン。6回も2死から一塁へのゴロで全力疾走し出塁(失策)。さらにT-岡田の右前打で二塁からまた同点の生還を果たした。9月に左ハムストリング筋挫傷で離脱。10月に骨折した右尺骨とともに万全ではないが、影響を感じさせない全力疾走が光った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加