御嶽海が無傷6連勝に自画自賛「申し分ない」遠藤を一気に押し出す電車道

御嶽海が無傷6連勝に自画自賛「申し分ない」遠藤を一気に押し出す電車道

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2022/01/14
No image

遠藤(左)を押し出す御嶽海(撮影・河野匠)

<大相撲初場所>◇6日目◇14日◇東京・両国国技館

2場所連続の2桁白星を目指す関脇御嶽海(29=出羽海)が、西前頭3枚目の遠藤に快勝して、初日から無傷の6連勝を飾った。

前まわし狙いの相手に何もさせなかった。立ち合いから頭で当たり、一気に押し出す電車道。取組後のリモート取材でも「申し分ないと思う」と自画自賛の相撲内容だった。

先場所は関脇で11勝を挙げて、今場所は大関とりの足固めを期す。中盤戦も白星で始まり「(調子は)めちゃくちゃいいので気持ちを高ぶらせて中盤戦もいきたい」と力強かった。

結びで横綱照ノ富士が敗れたため、全勝は御嶽海と平幕の阿炎の2人となった。優勝争いを引っ張る展開が期待されるが「自分の相撲だけ意識して周りは気にせずやりたい」と自らに言い聞かせた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加