ベルギーがデ・ブライネ&バチュアイ弾で逃げ切り! 最終節は4強を懸けた大一番に《UNL》

ベルギーがデ・ブライネ&バチュアイ弾で逃げ切り! 最終節は4強を懸けた大一番に《UNL》

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2022/09/23
No image

UEFAネーションズリーグ(UNL)2022-23のリーグA・グループ4第5節、ベルギー代表vsウェールズ代表が22日に行われ、2-1でベルギーが勝利した。

【写真】炎のグラフィックが目立つベルギー代表の新ホームユニフォーム

ここまで2勝1分け1敗で2位につけるベルギーは、初招集のデバストを3トップの一角に据えた[3-4-2-1]の布陣を採用。その他は順当に主力を起用し、最前線にバチュアイ、2シャドーにはデ・ブライネとアザールを並べた。

一方、今大会未勝利で最下位に沈むウェールズは、ベイルがベンチスタートとなった中、最前線にムーア、2シャドーにダニエル・ジェームズをブレナン・ジョンソンを起用した[3-4-2-1]で試合に臨んだ。

立ち上がりから攻勢を続けるベルギーは10分、ムニエのワンタッチパスを右サイドに開いて受けたバチュアイがボックス右横から折り返しを供給。これをボックス手前のデ・ブライネが左足で合わせると、シュートはゴール右隅に吸い込まれた。

幸先良く先制したベルギーは、15分にも左サイドからボックス内まで切り込んだカラスコの折り返しをティーレマンスが合わせたが、これはわずかにゴール右。さらに26分には、デ・ブライネがペナルティアーク内からミドルシュートでゴールに迫ったが、これは左ポストを直撃した。

追加点のチャンスを逃したベルギーだが37分、ムニエのパスをボックス右で受けたデ・ブライネが縦への仕掛けから中へ折り返すと、最後はゴール前のバチュアイが難なくゴールに流し込んだ。

劣勢の展開が続いたウェールズは40分、敵陣左サイドでFKを獲得するとダニエル・ジェームズのクロスをファーサイドのロドンが頭で折り返すと、相手DFにブロックされた跳ね返りをアンパドゥが頭で合わせたが、これはGKクルトワの攻守に阻まれた。

迎えた後半は、積極的な入りを見せたウェールズが先にスコアを動かす。50分、右サイドを持ち上がったジョンソンのクロスをゴール前のムーアがヘディングで叩き込んだ。

1点を返したウェールズは、64分にムーアとスミスを下げてベイルとモレルを投入。対するベルギーは、65分にバチュアイやアザール、カラスコを下げてオペンダ、メルテンス、トロサールをピッチに送り出した。

膠着状態が続いた中、ベルギーは78分にチャンスを迎える。ムニエのパスをボックス右で受けたデ・ブライネがモレルのタックルで倒されると、主審はPKの判定。しかし、オンフィールドレビューの結果はノーファウルと判定され、PKは取り消された。

その後も互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、最後まで追加点は生まれず2-1で試合終了。逃げ切ったベルギーは、最終節で首位オランダと準決勝進出を懸けた直接対決に臨むこととなった。

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加